こんばんは。マコチョです。

梅雨真っ只中ではありますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

私が住んでいるところは昨晩は雨がすごくて数時間の間に大雨洪水警報、短時間記録的大雨情報、竜巻注意情報、土砂災害警報、そして避難勧告が発令さました。

そりゃ1時間に115ミリ以上も降ればそうなりますよ。(;´∀`)

幸いにも避難勧告が発令された時には、もう雨足は小さくなり避難までは至りませんでした。

しかし、去年もそうでしたが、最近の梅雨時期や、秋雨前線の頃などスコールみたいに降りますね。「シトシト」といった情緒的な雨の降り方はどこへやら。

話は逸れましたが、表題の件に入りたいと思います。

この間福岡に行ったときにいくつか買い物をしてまいりましたが、今回はスマホ用広角レンズをご案内します。

これを買ったのは最近(なのかな?)、博多にオープンした「博多マルイ」内にある「Appbank store」です。ってもここじゃなくても雑貨屋さんや量販店でも買えます。そして、そもそも広角レンズが欲しかったのは昨年旅行した際に、「もう少し広範囲の風景が撮れたらなー。」と思ったからなんです。

パッケージはこんな感じ。

CIMG1275

集合写真がにぎやかです。(笑)

中はこんな感じです。

IMG_1562

レンズキャップの他にレンズケースも入っているのが親切。

実際に付けてみます。私が所有しているのはiPhone6sで装着するとこんな感じです。

CIMG1284

裏側はこんな感じです。

CIMG1285

そのお店にはスマホ用レンズのサンプルがあって吟味して選びましたが、このアイテムを選んだのは装着して撮影する際に、スマホのレンズ側に装着レンズのフレームが映りにくいことでした。サンプルの中には魚眼、望遠もセットになっているアイテムもありましたが、「魚眼と三脚必須の望遠はたぶんいらないだろう。」と思ったんです。

試しに近くの公園の風景を撮って装着時の比較を行ってました。

参考になりますかどうか・・・。(;´∀`)

image1-1

建物(公衆WCですが・・・(;´∀`))を撮って比較。

image2

車内から撮ってみました。右上の黒いのは広角レンズのフレームで、装着し損なうとこうなります。(笑)

image1

風景を撮るなら結構撮影範囲が広がります。多少画面の端の部分が湾曲してしまいますが、ここまで範囲が広がれば、撮影も色々出来るのではないでしょうか?・・・って程、私はカメラの腕もセンスもないんですが。(;´∀`)

また、iPhone6sで使用する場合は「写真」ではなく「スクエア」で使用すれば、レンズフレームが映りこむこともなく撮影できると思います。

スマホなんかの広角レンズの購入を検討されている方、参考になりましたでしょうか?

機会があれば撮影したものを紹介したいと思います。

ではでは。(‘ω’)ノ