こんばんは、Dr.ヘル兄です。

ここ最近は寒くなったと思えば、翌日は暖かくなったり、かとおもいきや寒くなったりと気温の寒暖が激しいですね。
こんな時はホント体調を崩しやすいので、皆様体調管理には充分注意してください。

そして都市部ではインフルエンザが猛威を振るっている様子。
皆さんくれぐれもご注意ください。

さて、今回は・・・

11月~1月中に購入したキットを勝手にご紹介です。

・・・ってか、現在3つのキットの作業が中断しているのに、まだ買うんかい。(笑)

って指摘が聞こえてきそうです。(;’∀’)

 

まずひとつめはコチラ

HG-ABO 1/144 ガンダムグシオンリベイクフルシティです。

グシオンリベイクも良かったのですが、第弐期でバージョンアップするであろうと思い、コレが出るまで購入を見送っていました。
大型のリアアーマーが変形する大型シザース(でも劇中描写的にはペンチに見えるような?)もいいです。

しかし、銃火器類がまさかの別売りで武器セット扱いとは・・・。
(;゚Д゚)

まず、バルバトスルプスを完成させてから着手したいなと(いつ完成するやら。)

 

二つ目がコレ

スーパーミニプラ 伝説巨神イデオン 発動セットです。

コレの存在に気づいたころには既に発売済みで、店頭どころか各通販サイトでも売り切れ状態となっていて、

もう入手は無理か・・・(*´Д`)

と思ったら、四国にいる私の友人が近くのデパートに並んでいたのも入手してくれて、こちらに送ってくれたものです。

このキットですが、食玩ではありますが(ってもガムが1個入っているだけ。(笑))、キットのクオリティも高く、大胆なパーツ差し替え変形を採用することで、合体前後の各形態のスタイルを崩さないように設定されていて、なかなかの好キットと思います。

 

三つめがコレ

スーパーミニプラ 戦闘メカザブングル です。

これは昨年の6月頃に発売されたアイテムを、一部関節を見直して新規金型で作り、成型色も見直した再販版です。

もうザブングルの新作キットなんて出ないのかも?なんて思っていたので、これは買いでした。

 

四つ目がコレ

スーパーミニプラ ウォーカーギャリアです。

戦闘メカザブングルの後半の主人公機で、ヒーロー然としたスタイルではなく、ゴリラ体系のこのマシンに変わった時は、子供の頃にリアルタイムで見た私には結構衝撃でした。(笑)

思えば、アニメで「物語中に主人公機が変わる」スタイルを初めて行ったのはこの作品が最初と記憶しています。

このキットは「ザブングルと並べて飾りたい」ってのもありますが、「ザブングルと違って変形機構も関節も複雑じゃないので、再販で改善、なんてことはないだろう。」と思い購入に踏み切りました。

しかし・・・

ブーメラン・イディオムとかが付属してないと思ったら、プレバンかよ。
(Σ( ̄□ ̄|||)

あざといなぁ、B社。
まあ想定内だったけどね。

ってなワケで、この子たち制作記事もお届けできるように頑張りたいと思います。
ホームページの整備も結構出来たので、明日あたりから制作再開したいと思います。

ではでは。(‘ω’)ノ