こんばんは。
HGガンダムバルバトスルプスのスミ入れ作業をやっていたら、シンナー吸い過ぎたのか、ちょっと頭が痛いヘル兄ライガーです。

久々プラモで全塗装してて・・・ってこれは組み立ての記事で話さなければですね。(笑)
(;’∀’)

 

本題に入ります。

今日で、熊本地震で「最初の震度7」の地震が起きてから1年になるんですね。

被災地で今もなお避難生活を強いられている方々、そして復興に向けて尽力されている方々、心からお見舞い申し上げます。
m(__)m

長崎県に住んでいる一年前の私は、ちょうど最寄りのコンビニにいまして、レジ会計を並んでまってたんですが、地震が起きた時に、最初足元がに違和感があって「なんか揺れてる?」と思ったらスマホの緊急地震速報がなりはじめ、足元にしか感じなかった揺れは大きな揺れへと変化し、その揺れは店内の棚の一部からも売物が落ちる程でした。

その高く積んであった売物が、私の後ろに並んでいた女性へ向かって崩れ出したので、私は思わずその女性の手を引いて落下物から守って「ありがとうございます。」とお礼を言われ、ちょっとだけ運命の妄想をしましたが、それは妄想で終わりましたけどね、(笑)

でも今思い返しても、その方がケガをしなくてよかったです。
(^-^)

その後の情報で私が住んでいるところでも震度5が観測され、震源の熊本では震度7が観測されたことが報じられましたが、夜である事から最初はなかなか被害の状況が報じられませんでした。

余震が続く中、家に電話したら特に問題はないとのことで、職場に向かい、その日の夜勤者様子を伺ったら特に問題ないとのことで、家に帰りました。

その日は佐世保の某美術館でガンプラ展が行われていて、私も参加していたのですが、そちらの状況も心配でした。
(翌日、展示物に問題なしとの報告アリ)

しかし、家に帰って寝ようとするも、断続的に続く余震と緊急地震速報で寝られるわけもなく、殆ど不眠で一夜を過ごした記憶があります。

その時は、ホントの本震が2日後に発生するだなんて思ってもみなかったのですが。
(;’∀’)

 

あれから一年。

現在でも余震は時々ありますが、それでもひと月に一度私が住んでいるところまで揺れが届くかどうかです。

昨年は地震の影響で私の実家の仕事に影響が及び、どうなることやらと思っていましたが、今年はほぼ一昨年と同様の状態になって来て、どうやら今月から忙しくなりそうです。
(^◇^)

前にも書きましたが、日本に住む以上は地震は身近なもので、程度の差はあるとは思いますが、どこに住んでいても人生のどこかで遭遇するものだと私は思っています。

なので、備えは必要なのもさることながら、なんといっても「心の備え」的なものが必要なのかな?なんて最近は思っています。
心の備えがあって初めて、物理的な備えに発展するみたいな。
(*_*;

こんな私も、まさかのためにベッド下にスニーカーを備えているほかにミネラルウォーターを備えて、それを買うたびに入れ替えて飲むようになりました。
(^-^)

まあ、偉そうなこと書いているかもしれませんが、それだけの備えだけでは全然足りないんですけどね。(笑)

何を書いているのかちょっと収集がつかなくなってきましたが、皆さん、地震には気をつけましょうね。

頑張れ熊本!頑張れ大分!!

そして頑張れ九州!!!

ではでは。(‘ω’)ノ

 

私は結局何を言いたかったのだか・・・なんか強引に終わらせたなー、修業が足りん。(笑)
(;’∀’)

 

スポンサーリンク