スポンサーリンク

こんばんは、ヘル兄ライガーです。

今日は私が住んでいる地域は雨が降って空気が冷えたからかなんか寒いです。

先日までの暑さがうそのようです。

こんな時はホント体調を崩さずに気を付けないとですね。

 

本題に入ります。

前回、「第4回バラとワインマラソンinハウステンボス」に参加予定だった、キャプテン・アナさん(さが桜マラソンのタイガー)が2kmコースは親子でしか参加資格がないのと、暑さに耐えられるかわからないとのことで出場を辞退。

今回は「さが桜マラソン2017」に参加したメンバーでは私のみが単騎出陣となりました。

そこでちょっと考えている事があります。

今回の大会の参加は「仮装部門」

でも、しっかり10kmを走りますよ。(笑)

そこで、今回の参加に際し・・・

いままでと同じではなく、ちょっと変化はつけないといけないよね・・・。

追加装備が必要だよなぁ・・・

と思っているのです。

それで、ちょっと考えてるのがこれなんです。

 

ちょっと写真が小さいですが、ライガーの入場時のマントです。    

10kmならこれを装備しても何とか走れるのでは?と思っています。

しかし、これってどんな素材で、どんな工法で作られているのだろうか?

そして、プラモすら何カ月もかかっているのに、私にコレ1カ月で出来るのだろうか?

色々調べるはいるのですが、コスプレ界にはどうやら「ライオンボード」という名の、とても加工がしやすい素材が存在するそうです。
それがどのように手に入るのか?から探っていきたいと思います。

この話の進捗も随時アップしていきたいと思います。

つづく。(‘ω’)ノ

 

しかし、このネタのテーマは「マラソン」でいいのかな?(笑)


にほんブログ村 スポンサーリンク