スポンサーリンク

こんばんは、ヘル兄Rです。

九州南部が梅雨入りしたそうで、私が住む九州北部も梅雨入り目前ですね。

髪の毛が天然パーマ入っている私にとっては、梅雨時期はイヤな季節。

そろそろ、キャプテン・アナさんに短く髪を斬ってもらうかなぁ・・・。
(*´Д`)

 

本題に入りますね。

 

ってか、私も今日まで全然知らなかったのですが・・・

長崎県出身の漫画家(しかも美人)の小玉ユキ氏の漫画が原作の実写映画「坂道のアポロン」が公開されたのもまだ記憶に新しいと思います。

その小玉ユキ氏の・・・

月刊flowersで新作が既に始まっていたとはッ!!
(;゚Д゚)

そのタイトルが・・・

「青の花 器の森」

なのです。

長崎県民ならこの作品、チェックしないわけにはいかないでしょ!?

今回の物語の舞台は、長崎県波佐見町。

波佐見町といえば、波佐見焼が有名で、最近は古来からのデザインにとらわれることなく、現代的なおしゃれなデザインの陶器も作られていて、注目が集まりつつあります。

 

あらすじは・・・

といっても今月号から始まったばかりなので、あらすじ的な部分は殆ど書けないのですが・・・

この物語は、陶磁器と坂の町(と言っても「坂」は長崎県ではどこの市町村に行っても、切っても切り離せないファクターではありますが。ww)の長崎県は波佐見町の窯元で働いてる青子が主人公。
ある日無愛想な青年・龍生が青子が働いている窯元に加わるのですが・・・

って、ところまでです。

・・・っていいますか、私もまだ読んでないので、内容が良くわかりません。
m(__)m

読みたいが、この雑誌、男子の購入、立ち読みはちょっとキビシイ・・・。

電子配信とかやってないかな?

 

あと、以下のHPをご紹介しておきますね。

月刊flowers「青の花 器の森」のページはコチラ
波佐見町のHPはコチラ

 

最後に強引に「青」で繋げますけど、連続テレビ小説「半分、青い」ってメッチャ面白いなあ。

特に、美濃権太が。ww

ではでは。(‘ω’)ノ

 

しかし、私事ではありますが、今回取り扱った町の名前を見聞きすると、今でも少しだけ心がざわつきます。

少しだけ、ですけどね。ww

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 スポンサーリンク