スポンサーリンク

 

こんばんは、ヘル兄Rです。

 

夜は寒くなりましたねー。
(;’∀’)

 

しかし、この寒い時期は星空がキレイ。

 

というのは皆さんご存知の方も多いと思います。

 

ちなみになぜ冬の星空がキレイに見えるのかというのは・・・
①空気が乾燥していて、水蒸気が少なく大気のゆがみが少ない。
②日没が早く日の出も遅いので暗い闇になる時間が長い。
③星の光が大気層を通過する際に密度の違いによる揺らぎで発生する、星の「瞬き」が温や湿度が低いほど、風が強く吹くほど顕著になり、木枯しの吹く冬の空は一層星が瞬く。

 

主にこの3つの理由からなるのだそうです。

 

今回のふたご座流星群は12/14(この記事を書いた日)の21:00ごろが一番多く見えるらしいとのことで、この時間に1時間程外に出て空を見上げてみました。

 

ふたご座の場所はや形がわからなければオリオン座は知ってる方が多いと思うので、乱暴な説明ですが、オリオン座のちょっと左くらいの場所にあります。
(;’∀’)

 

 

この空を見上げる時に脳内で流れるBGMは・・・

 

無限に広がる大宇宙。ww


名曲です。

 

しかしまあ、ホント寒い事。
(+o+)

 

でも、ずーっと眺めていくうちに、ひとつ、またひとつと流れ星が見えてきます。

 

しかもその星座の周辺じゃなくて、星空全体的に流れ星が出てくるんですね。

 

流れ星が見えてきたら徐々にテンションも上がり、脳内BGMはこの曲に切り替わる。

コレも名曲。

 

 

少し前に星空の写真の撮り方を覚えた私は、ひたすらシャッターを切り続けるが・・・

 

肉眼では30個は確実に確認したのですが・・・

 

カメラには一つも写っていなかった・・・。
(´;ω;`)ウッ…

 

ちょっと悔しいので、冬の大三角形の写真を載せます。ww

ふたご座流星群のピークは過ぎましたが、流れ星は見よう思えば見えますし、星空を観るってのはなかなかいいもんです。

 

特にこの時期、ずっと空を眺めて目が慣れて天の川がハッキリ見えてきたら、もう見とれちゃいますよ。

 

毎日忙しい日々が続くとは思いますが、みなさんも時には夜空を星の瞬きをみて一息つく。

なんてやってみたらいかがでしょうか?

 

ではでは。(‘ω’)ノ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク