スポンサーリンク

こんばんは、ヘル兄Rです。

 

NAHAマラソンまであと3日でございます。

 

参加される皆さん、調整はいかがですが?

 

 

私はといいますと・・・

 

 

最悪です。ww

 

 

さが桜マラソンの2018では「身体の中に変なのが入った」事が原因で体調不良となり、完走出来ませんでした。

 

 

今回は・・・

 

 

・・・って、コレについてはレースレポブログで話すとして・・・

 

今回もNAHAマラソン対策をちょっと自分なりに考えていきたいなと思っています。

 

 

この大会は・・・

 

 

完走率が低い

 

 

・・・ことで有名でもありますが、その原因のひとつが

 

 

暑さ

 

 

と言われています。

 

 

なんとなく、暑さ以外にもいろいろとあるみたいです。

 

 

 

まずその一つが、スタート号砲後のタイムロスです。

スタート整列図がコチラ。

 

AブロックからLブロックまであるのですが、この最終Lブロックの最後尾がスタートラインを通過するまでに・・・

 

 

20~25分程かかるのだそうです。

 

 

この大会は制限時間が6時間15分なので・・・

 

ざっくり言えば最後尾からのスタートの場合は、5時間50分で完走するつもりで走らないと完走出来ない。

 

という事になります。

 

ちなみに8:30までにナンバーカードに記載されているエリアに行かなければ、最後尾からの出発となりますので、ご注意を。

 

 

タイムロスはスタートだけではありません。

 

 

スタート直後はどの大会でもコース上が密集体系になる傾向が強いので、自分のペースで走りにくいのですが・・・

 

約3万人が走るこの大会・・・

 

序盤の込みようがハンパないと言われています。

それでタイムロスの状態が結構続くのだそうです。

 

そしてコースの状況なのですが・・・

結構、10km~20km付近は上り坂が多いので、密集が緩和されてからタイムを取り戻そうとしても結構きついかもしれません。

 

 

なので、自分が希望しているスタートエリアに時間までに整列しておくのがいいかもですよ。

 

 

そして、この記事を書いている時点(11/29未明)の大会当日の天気ですが・・・

現在でこの気温予想だったりするので、当日は1~2℃高くなるかもしれませんね。
(;’∀’)

 

この天気だど湿度も高めになるでしょうか?

 

そうなると、蒸し暑くて発汗が多くなっていろいろとキツイかもしれませんね。

 

発汗対策としては

 

・水ばかりを飲まずにナトリウムが含まれた水分(ポカリやアクエリ等のスポーツドリンク)を摂るようにする。
・「喉が渇いたな」と感じると既に「軽い脱水症状」らしいので「大丈夫かな?」と思ってもなるべく水分を補給する。
・エイドに炭水化物があったら積極的に摂る。

 

・・・ってのがいいらしいです。

 

 

以上、簡単ではありますけれど、対策的なところをざっくり書いてみました。

 

ちなみにこのレースの最後尾からのスタートがいかに大変かは、ボバフェットランナーさんのブログでレポされてますので、そちらも是非ご覧ください。

 

ボバフェットランナーさんの昨年のNAHAマラソンレポは⇨コチラ。

 

 

それでは、NAHAマラソンに参加される皆さん・・・

 

 

当日は頑張りましょうね!!

 

ではでは。(‘ω’)ノ

 

スポンサーリンク
<

にほんブログ村