スポンサーリンク

 

こんばんは、ヘル兄Rです。

 

私が好きな獣神サンダーライガーさん(以下元祖ライガーと呼称)が現役を引退して、早10日経とうとしております。

 

そんな中Twitterで知り合った、ライガー系ランナーのある人がつぶやいて・・・

 

 

元祖ライガーの引退に伴い、今後の方向性を思案した結果、ハンドル名を変更されていました。

 

私もいろいろ考えてはおりました。

 

おそらく元祖ライガーは現役を引退しても、新日本の広告塔のような活動はされるのだろうなーとは思っているのですが、これは元祖ライガーにとっても、私達の様に獣神様の姿を借りて走っているライガー系ランナーにとっても・・・

 

 

これはある意味で節目です。w

 

 

私個人的には、元祖ライガーが引退を表明する前から、仮装して走る事の方向性を色々思案してはいました。

 

その方向性を思案するきっかけになったのは・・・

 

 

福岡マラソン2018に参戦した時です。

 

 

「福岡マラソン2018」のレースレポにも書いてはいますが、この大会参加にあたり、仮装についての注意事項を熟読し、問合せ窓口に連絡し、どのような感じまで大丈夫なのかをけ掘り下げて確認した末に、ライガーマスクの目の部分と口の部分を大きく開口したマスクを着用し、大会に臨みました。

 

その結果は、レポでも書いた通りにゴール直後に間髪入れずに注意を受けてしまいました。ww

 

じゃあ、今後仮装に関して規制が厳しい大会に参戦するなら、より表情がわかりやすい物にするか、普通の恰好にするしかない。

元祖ライガーの引退発表がある前は「じゃあ規制が厳しい大会の時はバトルライガーかな?」と思って準備を進めてましたが、バトルライガーは知名度はちょっと低すぎるのが難点。ww(もしかしたら鬼神ライガーの方が知名度が上かもしれんww)

 

しかし、私は元祖ライガーが引退を表明したことにより・・・

 

ライガーにこだわる必要がないのではないか?と考えました。

 

 

・・・いや、そもそも仮装なんてせんでもいいのではないか・・・と
(;”∀”)

 

 

しかし、この間の「伊万里ハーフマラソン2020」に参戦した時に・・・

 

 

ああ・・・これは今後も仮装ランナーを続けないといけないなー・・・。
(*´Д`)

 

 

・・・と思わせる出来事がありました。(詳しくはレースレポで)

 

 

そこで今後の仮装の方針として・・・

 

 

マラソン大会に参戦する時には3つのフォームを使い分ける事にしました。ww

 

今時の仮面ライダーだって、ウルトラマンだって、状況によって姿(フォーム)を変えて戦ってます。ww

それに乗っかってみようじゃないか!!

 

 

・・・というわけで、今後のフォームはこの3つ。

 

①グローイングフォーム(写真の赤いシャツの人)


要は中の人です。ww

フォーム名は「仮面ライダークウガ」の白のクウガにちなんでますが、私のは全く白くないです。ww

つまりは普通のランナーの恰好で「仮装禁止」や、規約的に「ちょっと仮装が無理な感じだなー」と思ったら、この姿で走ります。ww

 

 

②ライガーフォーム(写真は第35回NAHAマラソンより)

今後もこれを基本フォームとします。

比較的仮装に関する規制が緩い大会にはこのフォームで参加します。

弱点は日差しが強いと目のメッシュが乱反射して視界が悪くなるのと、呼吸がしにくいことと、マスクが暑い、そしてレース⇨洗濯後に修繕が必要。ww

 

 

③そして第3の新しいフォームですが・・・

 

「第14回天草マラソン大会」で初披露します!!ww

 

 

このフォームは具体的に「目(視線が)が(第三者から)見える」「呼吸がしやすい」「表情が見えやすいもの」等の文言が規約に記載されている大会で使用したいと思います。
(※熊本城マラソン大会が上記のような感じなので、天草マラソンでこの格好で試走します。)

 

ヒントというか・・・

このキャラクターです。ww(殆ど答えですね。)

 

個人的には仮装時に顔が出るのは嫌なのですが、今回試しにやってみようと思います。

 

さて、どのような感じになるか・・・

 

楽しみにしてる方はお楽しみに。ww

 

そんな人・・・いるかな・・・w

 

 

ではでは。(‘ω’)ノ

 

 

そういえば、この記事書いて思ったけど・・・

この第3のフォームのキャラもある意味「引退」してるんだよなー。
(;’∀’)

 

・・・ま、いいか。w

 

<

にほんブログ村

スポンサーリンク