スポンサーリンク

 

こんばんは、ヘル兄Rです。

 

私が住んでいる長崎県でもついに離島だけじゃなく、長崎県本土でも新型コロナ感染者が出ました。

 

私の本職の仕事は感染症の類には結構敏感な職種なので「早くも不要不急の外出を控えるように」指示がありました。

 

Twitterでもつぶやいていますが、この記事を書いたこの日に私は「あわよくばマスクをゲット出来れば」と思い、車でちょっと買い物に出ました。

 

そしたら、ありましたよ!!

何とか手に入りましたよ!「フィギュアライズスタンダードの仮面ライダークウガ」!!

 

これ欲しかったんだよな~。

 

これでもし新型コロナに感染しても症状が軽ければ、こいつを徹底的に作る・・・

 

え?マスクはどうしたかって?
通販で買いました。w

 

そしてコレも。

私は危機管理能力については、世の中を批判できんですなこれは。w

 

私は・・・今日は何をどこで間違ったのだろう。w
(;’∀’)

 

 

本題に入ります。

 

 

上記のような感じ(?)で、全国的にもいや世界的も新型コロナに振り回されておりますが、そんな中、今年の夏に開催予定だった「東京オリンピック2020(以下東京五輪)」も1年程延期となりました。

現在のこの感じだと、高校野球の夏の甲子園を含めた各種スポーツイベントも開催出来ない可能性がありますよね。

さらに今の現状からすると、もしかしたら今度の秋、いやもしかしたら今年中までイベントの類の自粛・延期・中止が続くかもしれません。

 

そうなると、個人的には今後のマラソン大会がどうなるのかなー?なんて思ったりします。

エントリーしても、参加費を払っても、中止になるリスクが伴うのは避けられないのかなー?と思います。

 

それを反映しているのか、3月25日の夜からエントリーが始まった長崎平和マラソンは、この記事を書いている現在(3/26の22:20現在)もエントリー数は定員に達していないようで、受付中になっています。

 

なので、これからのマラソン大会のエントリーについては、お金もかかる事なので、若干慎重に判断したほうがいいのかもしれません。

 

 

あと、気になるのは・・・

 

全国各所のマラソン大会が今回の新型コロナの影響で開催中止となり、それに伴った参加費の返金問題がメディアでも取り上げられましたが・・・

 

これを利用した詐欺まがいの連中が出てこないか心配です。

 

なので個人的な意見ではありますが・・・

今年いきなり「パッ」と出たような大会で、なおかつ主催会社が今まで見聞きしたことがないような会社なら、エントリーは慎重になった方がよいのかもしれません。

 

 

暗い話はここまでにしましょう。
<(`^´)>

こんな状況ではありますが、希望は捨てずに、新型コロナが終息した後の事を考えていきましょう。

 

今年の私ですが、以下のどれかの大会にエントリーを検討しております。

※1.括弧内は開催予定日です。
※2.大会名をクリックすると大会HPへと進みます。(前回大会のままのHPもあります。)

 

第7回バラとワインマラソン in ハウステンボス 兼 全日本仮装マラソン選手権(2020/5/31)
筑後川マラソン2020(2020/10/11)
エバー航空ハーフマラソン2020(2020/10/25)
長崎平和マラソン(2020/11/29)
第36回太陽とジョガーの祭典 NAHAマラソン(2020/12/6)
伊万里ハーフマラソン2021(開催時期未定)
第15回天草マラソン大会(開催時期未定)
京都マラソン2021(開催時期未定)
熊本城マラソン2021(開催時期未定)
鹿児島マラソン2021(開催時期未定)
東京マラソン2021(2021/3/7)
さが桜マラソン2021(開催時期未定)
第30回原城マラソン大会(開催時期未定)

 

大風呂敷を広げた感がありますがw、上記大会の殆どが抽選エントリーが殆どなので、シーズン中は1~2ヵ月に1大会の参戦を予定しています。

 

そして上記の大会を中心に、九州地方を中心としたマラソン大会の情報もお送りしていければと思っております。

 

こんなご時世ではありますが、こんなしがないサイトですけれど、少しでもここ来た方がちょっとでも「クスッ」と出来るよう内容を提供していきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

m(__)m

 

ではでは。

 

スポンサーリンク
<

にほんブログ村