スポンサーリンク

 

こんにちはヘル兄Rです。

 

最近のテレビはコロナばっかりですね。

 

テレビの番組制作にも影響が出ているようで、徐々に特にドラマなんかは再放送と言うか、過去に放送されたドラマの総集編とかが増えて来てますね。

 

これを機にアニメの再放送とかすればいいのに・・・

 

ファーストガンダムとか・・・

 

ファーストガンダムとか・・・

 

つまりは「機動戦士ガンダム」とか。w

 

なんて思っていたら・・・

 

「機動戦士ガンダム」は反社会的という事で放送が難しいのだそうな。

 

「反社会的」とは社会秩序・道徳などから大きく逸脱している様子を意味するらしいのですが・・・

 

それはどの辺なのでしょう?

 

あと「あしたのジョー」をもし再放送をすることがあるなら、音声は「ピー」音だらけで、画面にはモザイクが多くなるのだそうな。w

「こんな時代を駆け抜けた男たちの青春群像」ってわけにはいかんのでしょうか?

 

「日本もこのような時期があったんですよ」的な部分を子供たちに見せてもいいような気もするんですけどね。

ダメなのか。w

 

 

本題に入ります。

 

 

新型コロナの感染拡大が世界的な問題となっている昨今ですが、市民ランナーとしては気になる情報が入ってきております。

 

※以降の文章で「」内の大会名をクリックすると公式HPへ行きます。

 

それは、Twitterで繋がっている某覆面ランナーさんがつぶやいているのですが・・・

 

10月に開催予定になっていた・・・

「ちばアクアラインマラソン2020」「第5回水戸黄門漫遊マラソン」が早くも開催中止を発表しています。

 

そして色々と調べてみると・・・

そして「第10回大阪マラソン」「福岡マラソン2020」についてはエントリー開始日の延期を発表しています。

 

もしかしたら、まだまだいろんな大会が中止を発表したり、エントリー開始日を延期したりしているかもわかりませんし、これから結構増えていくと思います。

恐らくは新型コロナ終息の見通しが立たないのと、現状では大会の準備自体がままならないので、例え開催するとしても準備が間に合うかわからない。と言った部分もあるのでしょう。

 

となってくると、現段階で一番の心配は「参加費が無駄になるのではないか?」と言う部分かと思います。

 

私も既に「長崎平和マラソン」の参加費を払っているので、開催されるのかどうか正直心配であります。

以前の記事でも書いていますが、長崎平和マラソンは簡単に書くと「大会運営側に不手際があった場合以外は返金はしない」といった感じの意思表明をしています。

(個人的には「福岡マラソン2020」のようにエントリー開始日が延期したほうがいいのではなんて思ってましたけどね。)

そして大会の参加費を払う事は、その大会に投資をする事と同じと思っているので、個人的には大会中止が決まっても参加費が返金されないのは我慢できます。

 

しかし、こんな状況になると大会に出たくても「参加費を払っても中止になる可能性がある」って事を想定してしまうので、躊躇しますよね。

 

私が住んでいる長崎県はまだ全国的に見ても新型コロナ感染者は少なめではありますが、コレがもっと増えていくかもしれませんし、仮に長崎県内の新型コロナが終息して、長崎平和マラソンが開催される運びになったとしても、全国からランナーが集結するのでしょうから、まだ新型コロナが終息していない地域から来た参加者が新たな感染源になるかもしれない。

じゃあ「長崎県の参加者のみでやりましょう」って話になった場合は「参加人数が少ない=徴収した参加料が少ない」になるので、レース自体が色んな意味で縮小化されたり、省かれたりする部分が出てくるかもしれません。

 

もっと大げさに言うと、例え新型コロナが終息しても日本が「全国各地でマラソンどころではない」って状態になっている可能性も・・・なくはない。w

 

そういう意味では、全国の今秋以降に開催を予定している各種イベントの運営に携わる方々は、かなり厳しい選択を迫られているのかもしれませんね。

 

なので我々市民ランナーも大会参加を検討するにあたり、色々と今期は考えなくてはならないのでは・・・?

なんて思っています。

 

ホントもどかしいです。
((+_+))

 

ではでは。(‘ω’)ノ

 

スポンサーリンク
<

にほんブログ村