スポンサーリンク

 

こんばんは、ヘル兄Rです。

 

この記事を書いてる翌日から・・・

 

いよいよゴールデンウィークが始まるわけですが・・・

 

いや・・・

 

今年は「いよいよ」なんて書いたらいけないのかな。w

 

ゴールデンウィークはGWと表記することが多いですよね。

 

私は社会人になってこの方、GWに休みの会社に就職した事がないので、個人的には・・・

 

GW=がまだせウィークです。

(※がまだせとは島原弁(熊本等でも使います)で「がんばれ」の意味)

 

しかしこの新型コロナの感染拡大が懸念される今年は・・・

 

GW=がまんウィーク

 

・・・と言われてるとか。

 

毎年「がまんウィーク」にならないためにも、今年はがまんをがまださんとですね・・・

 

 

・・・って、わけわかんなくなってきたな。
(;’∀’)

 

 

本題に入ります。

 

 

タイトルにも書いてますが、今回も残念な記事です・・・。

 

もう既に各種メディアでも報じていますが・・・

 

 

福岡マラソン2020の開催中止が決定しました。

 

 

大会HPに記載されている、内容を原文ママでご紹介します。

 

ーーーーここからーーーー

福岡マラソン2020の開催中止について

 

皆様におかれましては,平素より福岡マラソンの開催にあたり,ご理解・ご協力を賜り,衷心より厚く御礼申し上げます。
福岡マラソンは,「人をつなぐ。まちをつなぐ。未来へつなぐ。」を大会テーマに福岡・糸島両市民の皆様をはじめ,ランナー,スタッフ,沿道の自治協議会や事業所,協賛企業等の多くの方々のご支援・ご協力のもと,開催させていただいております。

 

さて,本年11月8日(日)を開催予定としていた「福岡マラソン2020」は,今般,国内外で深刻化する新型コロナウイルス感染症の感染拡大の状況及び影響に鑑み,
1.多数の人が集まるイベントにおいて感染拡大のリスクがあること
2.大会運営を支えてくれるスタッフ(ボランティア・医療関係者)が充分集まるか不透明であり大会の安全な運営を行えない可能性がある。
3.経済的ショックが大きい中で,協賛を含め,大会運営費用となる十分な資金の確保が確実でない。
4.すでに営業活動に支障が出ている沿道の事業者に,交通規制等で更なる負担を強いるこ
とになる。
といった点が懸念されるため,福岡マラソン実行委員会において,緊急かつ慎重に審議を行った結果,「中止する」ことを決定いたしました。

 

日頃より福岡マラソンを愛し,参加・応援を検討してくださっている方を思うと,断腸の思いではありますが,人命に勝るものはないとの考えから,「中止」の判断に至った次第です。
何卒事情ご賢察のほど,よろしくお願い申し上げます。

 

福岡マラソンは,市民の皆様の支えがあり,皆さんに笑顔が生まれてここまで回を重ねてまいりました。新型コロナウイルス終息の向こうに,次回以降の大会を目指して準備を継続してまいりますので,引き続きご支援のほど,よろしくお願い申し上げます。

 

この新型コロナウイルスの感染状況が一刻も早く終息し,皆様におかれましては,心身の健康を保ちながら,日常の生活に戻ることを心より願っております。

ーーーーここまでーーーー

 

 

この福岡マラソンも大会エントリースケジュールを延期するなど、ギリギリまで開催に向けての調整を行っていたようですが、この決断はしかたがないものと思います。

 

個人的に上記告知を読んで特筆すべきと思うのは、単純に新型コロナの感染拡大を懸念して開催中止となったわけではなく、現在の経済状況を踏まえても開催が厳しいと説明している点です。

 

私も正直、このことはあまり考えてませんでした。

 

これはある意味「これから先に開催が予定されているマラソン大会全部が、このような問題を抱えている。」と教えてくれている様にも感じます。

 

現在の世界状況から鑑みれば、仮に新型コロナが終息したとしても、経済的なダメージの回復が追い付かないのは想像に難くはありません。

 

今後の大会の開催動向について我々市民ランナーは、ある程度の覚悟をしておかなければならないのかもしれませんね。

 

 

今回の記事の冒頭にGW=がまんウィークと書きましたが・・・

 

ひょっとしたらGY=がまんイヤー

 

になってしまうのかもしれませんね。
(;’∀’)

 

 

もしそうだとしても、なるべくそうならないように、我々自身が今出来る事を考えなければならんですね。

 

籠るにしても、動くにしても。

 

ではでは。(‘ω’)ノ
スポンサーリンク
<

にほんブログ村