スポンサーリンク
こんばんは、ヘル兄Rです。
この記事を書いたこの日ですが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言がつい日本全域解除になりました。

 

日本全域解除にはなりましたが、テレビなんかを見ていると、暗い情報しか報じてないのではないか?なんて思ってしまいます。

 

明るい話題はホントプロ野球の開催が決定したことぐらいです。

 

しかし同じスポーツの催し物でも、これからも一番開催について慎重に考えなければならないのは・・・

 

 

マラソン大会ではないでしょうか?

 

 

スタート前、競技中、ゴール後と常に「密」が付きまとう競技ではあります。

 

コロナ禍後のグローバルスタンダードが今後現在の感染防止のスタイルとなり「これをスポーツ大会にも当てはめなければならない」なんてなった時に、マラソン大会のような万人クラスの不特定多数が集まって一度に競技を始めるようなスポーツ大会はどうやって開催していくのか?

 

状況によっては市民マラソン大会の存続に関わっているのでは・・・?

 

ん・・・考えすぎだよね?多分。

 

 

そんな(?)マラソン大会ついてですが、タイトルにも記しておりますが・・・

 

 

筑後川マラソン2020の中止が決定しました。

 

 

大会HPや公式Facebookにも告知されてまして、原文ママに記載します。

 

「筑後川マラソン2020」大会中止 5/24
令和2年10月11日(日)開催を予定しておりました「筑後川マラソン2020」は新型コロナウイルス感染症の今後の動向が把握出来ないため、参加ランナーの安全確保を重視し大会開催の中止を決定しました。
当大会を楽しみにしてエントリーの開始を心待ちにして頂いたランナーの皆様には誠に心苦しいご報告となり申し訳ありませんが、何卒状況をご理解頂きご了承頂きますようお願い申し上げます。

ーーーーここまでーーーー

 

緊急事態宣言が全国的に解除になったとはいえ、未だに世界的には新型コロナウイルス感染拡大の脅威にさらされてますし、日本ですらまだその渦中にあります。

第2次、3次の感染拡大の波に警戒しなければ、なんて事も言われています。

 

この中止の決定は、私も参戦したかったですし残念ではありますが・・・仕方ないと思います。

 

正直、今のこの情勢下では感染拡大、経済、準備期間、様々な視点で見てみてもマラソン大会のような大きなイベントの開催は結構キビシイものになると思います。

 

これで私が「今年参戦したい」と思っていた九州・沖縄のマラソン大会で開催を検討している大会は・・・

 

 

第36回太陽とジョガーの祭典 NAHAマラソン

 

 

・・・だけとなりました。(大会名をクリックすると大会HPへ進みます。)

 

今後の動向に注目です。
ではでは。(‘ω’)ノ

 

スポンサーリンク
<

にほんブログ村