スポンサーリンク

 

こんばんは、ヘル兄Rです。

 

 

この記事を書いたこの日、朝に目が覚めて、iPhoneに入っている通知を確認して見ると・・・

 

 

(@ ̄□ ̄@;)!!

 

 

・・・と、個人的には驚く広告を目にしてしまいました。

 

それはタイトルにも記していますが、あの「週刊○○○○を作る」等でお馴染みのデアゴスティーニ社から・・・

 

 

「週刊 アイアンマン」が創刊されるとのこと。

 

しかしこのCMの声は・・・日本語吹き替え版でトニー・スターク役の、今年四月に亡くなられた藤原啓治さんなのか・・・?

なんか感慨深いぞ。

 

 

ヌアーッッ!!これは悩むぞ
(>_<)

 

 

もう既に一部地域で試験販売がされているそうな。

 

 

でも、まあまあ落ちつけ。

 

 

こんな時こそ・・・

 

 

トランキーロ!あっせんなよ!!by内藤哲也。w

 

 

今までデアゴスティーニ社の「あるロボットを作る」のだけはコンプした過去がある私。

 

・・・あの時の私は多分、元カノロスの真っ只中で、寂しさのあまりにどうかしていたのだ。

あの時の私は心情は、鉄腕アトムの天馬博士がアトムを作った時の心情に近かったような気がする。

 

しかし、今考えるとなんでロボットに走ったのだ・・・って話なのだが。w

 

・・・って、あ、私がロボットが好きなのは元からってことは、ここの常連さんには周知の事実だな。

 

それに、当時からちゃんと婚活もしてましたよ。w

 

 

・・・って、話が逸れた。w

 

 

そんな私ではあるのですが、その後・・・

 

デアゴスティーニ社の「週刊 スター・ウォーズ ミレニアムファルコン」
同じく、デアゴスティーニ社の「週刊 スター・ウォーズ R2-D2」
またまた同じく、デアゴスティーニ社の「週刊 ゴジラを作る」
そしてアシェット・コレクション・ジャパン社の「週刊 宇宙戦艦ヤマト2202」

※上の書籍タイトルをクリックするとHPへ行きます。

 

・・・と、度重なる誘惑をはねのけてきました。w

 

 

それは、やはり購入前にちゃんと分析出来たからであります。

 

 

・・・と、いうわけで、今回の週刊 アイアンマンはどうするか?

 

まず、いくらかかるのか?

創刊号は290円×消費税で319円

2号以降は1,490円×消費税で1,639円

ちなみにこの週刊 アイアンマンは全100号予定。

これを単純に計算すると・・・

 

319円+(1,639円×99)=162,580円!!

 

 

総額160,000円オーバーの金額となります。w

 

 

しかし、この金額はあくまで「最低価格」です。

この手の冊子は途中で「高価な部品が入る号は、金額変更します」とか「色々と調整した結果『全100号から全110号』に変更します。」といった感じで内容が後出しで変わりやすい傾向があるので、この金額より高めになる可能性が高いです。

 

そして、この手のシリーズは準備期間でおそらくは数年、そして創刊してから完結するまでに大体2年かかるスケジュールになっているかと思います。

これはあくまで個人的な見解ですが、全号購入して「それ」を作り上げた時には・・・

 

その「それ」に使われる技術は造形の面でも、各種機材の面でも、過去の技術になってしまっている事がよくあります。

 

それくらい現在の技術の進歩は早いので、多少はそんな失望感を味わうかも知れません。

 

 

しかし、造り上げた時の達成感はかなりあるかと思われます。

 

 

・・・でも、色々悩んでますが・・・私は今回も購入は見送るかな・・・?

 

 

全長60cmの迫力ある大きさ。
全関節が可動し、アーク・リアクターやリパルサー・レイ等も光る。
外装は良くも悪くも映画「アイアンマン」のマーク3を再現していると思うし。
どうやら中のフレームも再現されている様子だし。
定期購読特典のTシャツがカッコいいし。w

 

 

しかし、私の購入意欲を途中で食い止めてくれたのは・・・

 

アイアンマンと言えばこのポーズ!!

(テレビ画像を撮りました。(;’∀’))

片手(拳?)と両脚でしゃがんだ感じで着地する、このスーパヒーロー着地(三点着地)ですが・・・

 

 

今回のアイアンマンフィギュアはそのポーズがイマイチ!!

 

 

ポージングの仕方が悪いのか?それとも腹部が「動かない」のか?はわかりませんが・・・

 

今の可動とプロポーションが両立するフィギュアが溢れているこの時代・・・

 

 

スーパヒーロー着地がカッコよく決められないアイアンマンのフィギュアは、ちょっとキビシイです。

 

 

・・・ってか「このキャラクターと言えば、このポーズ」ってのがしっかり決めれなくてどうしますか。

 

今回のこのアイテムでも「いや、この写真や動画はポージングがダメだっただけで、ホントは「バシッ」とスーパヒーロー着地も決まるんだよ!」っていうのであれば、写真や映像の差し替えすべきかと思います。

コレだけでも少し購入者は増えると思いますが・・・どうでしょ?

 

 

私と同じ意見の人、結構多いんじゃないかと・・・思う。w

 

 

以上、あくまで個人的な意見でした。

ちょっとネガティブな意見が多かったと思いますが、気を悪くされた方はスイマセン。
m(__)m

 

でも、60cmのアイアンマン、作ってみたいってのは正直あるんですよ。

 

ここのブログのネタにもなるし。w

 

アイアンマンが好きな方は、購入を検討してもいいかと思いますよ。

 

週刊 アイアンマンの公式HPは⇨コチラ

 

あー・・・っでもやっぱどうしようかな・・・。w
(+_+)
ではでは。(‘ω’)ノ
スポンサーリンク
<

にほんブログ村

模型・プラモデルランキング