スポンサーリンク

 

こんばんは、ヘル兄Rです。

 

この記事を書いている今(2020/10/27)なんですけど。

 

夜になって結構冷えてきました。

 

よかったー、今日押入れから羽毛掛布団出して日干しして。w
ε-(´∀`*)ホッ

 

しかし、これからの季節は・・・

 

 

布団から出たくなくなる季節です。
(;’∀’)

 

 

二度寝注意ですね。w

 

 

本題に入ります。

 

前回を読まれる方は⇨コチラ

 

以前、この「47歳の身体事情」で定期健診を受けた際に・・・

 

 

要精密検査

 

 

という、結果が出まして・・・

 

 

この間、受診してきました。

 

 

「定期健診を受診した病院で再検査を受けた方が早いだろうな?」と思い、車で1時間程かかる病院まで向かう。

 

ただこのルートなんですけど・・・

 

 

その殆どは職場への通勤路と同じ・・・。
(;’∀’)

 

 

なので休日で検査に向かっているのだけれど、なんか休んでいる気がしない。w

 

 

予約していた時間前に病院に到着。

 

病院の入り口で検温し⇨受付を行い⇨問診をしてもらい⇨担当の先生の所へ向かい、待合で待つ。

 

しかし、そこからが長い。w
(+_+)

 

待つこと1時間・・・

 

看護師さんが出て来て・・・

 

じゃあこれからCTを撮りますので、コチラへ・・・

 

という事で、CTの部屋に案内される。

 

ご存知の方も多いでしょうけど、CTとは「CTスキャン」の事で、身体の中を輪切り状に見ることが出来る、一気に全身撮れるレントゲンみたいなものでしょうか?

機械はこんな感じ。

※写真は拾い物です。

 

診察台の上に仰向けに寝て、両手は頭の上の方に伸ばす。

なんとなく背泳ぎのような体制に似てるな。

 

機械はがゆっくり動き、どうやら頭部から胸部付近までスキャンした様子。

 

このCT自体は10分位で終わる。

 

再び担当の先生の診察を受けるべく、再び待合で待つ。

 

ここがまた長い。w
(+_+)

 

再び1時間は経っただろうか?

 

病院には8:30頃には来ているのだが、正午を告げるチャイムが聞こえて来た。

 

すると・・・

 

 

看護師さん「ヘル兄さーん」

 

 

・・・と呼ばれ、診察室に入る。

 

その先生は男性の方で、私が診察室に入った時は、定期健診の時に撮影された私の胸部レントゲンをずーっとみている。

 

もしかして、なにかあるのか・・・?
(;’∀’)

 

私「あのー、何か問題でも・・・?」

 

先生「いやね、前のレントゲン見てるんだけど、これのどこに影があるって見たのかな・・・?うーん・・・」

 

コレって健診あるあるなんですよね。w

 

よく「(定期健診時の先生が)○○って書いてるけど、○○なさそうなんだよなー」ってことがある。w

 

そして、CTの画像を見ていく。

 

でも、胸部よりも下の方をよく見てるような気がするぞ?気のせいか?

 

でも、この流れからいくと・・・

 

 

先生「大丈夫ですね。」

 

 

よかったー。(=^・^=)

 

先生「でもね・・・」

 

私「でも・・・?」

あ、写真が白とびしてる・・・。

先生「内臓脂肪多いから気を付けて、脂肪肝とかなるかもしれんよ。」

なるほど、だから胸部から下の方をよく見てたのか。w

私「ハイ、気を付けます。(;´∀`)」

 

と言うわけで、今回は終了。

 

とりあえず今回は何もなくてよかったよ。
ε-(´∀`*)ホッ

 

 

でもまだあるんだよねー。

 

ピロリ菌も陽性だったし、なんか風疹検査的な手紙も来てたし、インフルエンザの予防接種もしないといけないし、一年前に転んで怪我した左ひざもなんか調子悪いし、痔瘻もなんか調子悪いし。w

 

なんか歳相応のポンコツぶりになって来た。w

 

まあ、今年はマラソン大会も殆どないから、こういうのをひとつづつ潰していきましょうかね。w

 

つづく。(‘ω’)ノ
つづきを読まれる方は⇨コチラ
スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村