スポンサーリンク
こんばんは、ヘル兄Rです。

 

タイトルにも記していますが・・・

 

 

今回は伊万里ハーフマラソン2022の状況についてです。

 

 

今後開催される大会のついて、タイトルがこんな感じになるときって・・・

 

 

情報収集が甘かった時です。w
(;´∀`)

 

 

今回の情報ソースは伊万里市のホームページの「市長の主な動き」です。

 

この記事は8月10日の記事で、この記事を書いている時点でほぼ一か月前の記事です。
(;´∀`)

 

この伊万里市のHPには何度もアクセスしていたのに、この記事の存在に気付かなかったとは・・・

 

やはりブックマークからのアクセスだけではなく、ググったりするのも大事ですね。

 

また書きますけど、私も功夫が足りん・・・。
(+_+)

 

で、肝心の内容はというと・・・

 

 

どうやら「伊万里ハーフマラソン2022」については、今回もオンライン大会での開催の方向で調整を進めているようです。

 

今回の掲載記事を記事から抜粋して掲載いたします。

 

ーーーここからーーー

 

●令和 3年 8月 3日(火)  伊万里ハーフマラソン実行委員会


 伊万里ハーフマラソン実行委員会を市役所で開催し、挨拶を申し上げるとともに、2022年の開催についてもコロナ禍により中止とし、代替開催のオンラインイベント「伊万里ハーフマラソン2022 ONLINE」について審議いたしました。

 

ーーーここまでーーー

 

うーん、個人的に思い入れがある大会なので、かなり残念ですね。

 

現在の新型コロナの陽性者の状況を鑑みると、なかなか難しいのかもしれませんし、開催をオンライン大会に変更するのもやむを得ないと思います。

 

他の大会の現在の状況をみると、開催の方向で調整を進めている大会もありますが、その内容はなかなか大変なもので、そのための費用として大会参加費に上乗せされている大会も多いです。

個人的の思うのは、今回のような感染症対策を加味した上で、大会参加費を設定すると・・・

 

ハーフマラソンの場合は金額設定が難しいような気がします。

そういう意味では、現在開催の方向で調整が進んでいる「第16回天草マラソン大会」がどのような感じになるのか気になるところです。

 

いずれにせよ、以前の記事でも書いていますが、当サイトはこのようなマラソン大会の開催方法がどのようになっても、その選択を支持します。
(^o^)

 

伊万里ハーフマラソンの大会HPは➡コチラ

(大会HPはまだ2021年大会の内容です。)

今回記事のソースになった伊万里市HPの「市長の主な動き」が➡コチラ

 

この大会についても情報が入りましたら、随時お伝えしたいと思います。

 

ではでは。(‘ω’)ノ

 

スポンサーリンク
<

にほんブログ村