スポンサーリンク

 

この物語は「40代で未婚の男性が4年後に結婚する確率は3%(所説アリ)」というこの絶望的な数字を打破するべく「ウルトラマンジード」の星雲荘の仲間たちのように、運命をひっくり返そうと抗い続ける、冴えない40代男の物語

 

・・・なーんて書いてますけど、要は結婚し損ねているオッサンがバタバタしている話です。(笑)

前回をご覧になる方は⇨コチラ

そして「この話ってどがん話かね?最初からみてみゅーかね?」って方は⇨コチラ。

 

久々にオラが町に帰ってきたオータニとの飲み会から2か月・・・

 

 

あれから、新型コロナの陽性者は全国的に増加し、私が住んでいる長崎県も、まん延防止重点措置(以下、まん防)の適用を受け、長崎市と佐世保市がその対象となってしまう。

 

長崎市が対象となるということは、婚活イベントの開催に影響が出てしまう。
(>_<)

 

しかしそんな中でも、僅かながらいくつかはイベントは行われていたが、私の年齢が対象となるイベントはなく、婚活アプリを使う以外の選択肢がほぼほぼなくなってしまったいた。

しかし、婚活アプリでも全くと言っていいほど結果は出ず、足跡すらつかない状況で、ほぼログインするだけのような状況がつづく。

 

 

そして今月。

 

長崎県のまん防は解除となり、婚活イベントも徐々に開催されるようになってきた。

 

そんな中、久々に長崎市内に映画を観に行った私。

 

ここを時々ご覧になられている方々はご存じかと思いますが、その作品は➡コチラ

 

 

その帰り道のこと。

 

某コンビニに寄って、飲み物を買って会計をし終わったときのこと。

 

店員さん「あの・・・」

・・・と店員さんから話しかけられた。

私「はい?」

すると店員さんが・・・

※上の画像は少し誇張しています。w

 

私「え?(;゚Д゚)」

 

・・・となる。w

ってか普通そうなるし、状況によっては古いけど「惚れてまうやろー!」レベル。w

 

とりあえずは「あ、ありがとうございます・・・。」と礼を返す。

 

しかしどんな会話したっけか?

 

確か・・・

 

店員さん「レジ袋は必要ですか?」

私「いえ、大丈夫ですよ。」

 

・・・くらいだ。w

 

 

店員さんの反応がガチなら、無意識にどんだけインパクトのある「いえ、大丈夫ですよ。」を言い放ったのだ?私?w
(;゚Д゚)

 

 

こんなやり取りだけで「声」の印象を残せるのは、大塚明夫氏か、ささきいさお氏か、山寺宏一氏くらいではなかろうか?

特になんも意識してしゃべってないんだけどなぁ・・・。

 

 

コンビニを出ていろいろとモヤモヤしたまま、再び帰路に就く。

 

車を運転しながら、ふと昔のことを思い出した。

 

私は高校時代の時にとある教科の先生で、私の朗読をメチャメチャほめる人がいました。

私が朗読を終えると・・・

 

「素晴らしい!」
「君はアナウンサーか声優になったほうがいい」

 

・・・とベタ褒めしてくれていたのです。

こんな私も中高生時代はさすがに思春期だったり、多感な時期だったりもする。

クラスメートの前で公開されるような褒められ方をされても、素直には受けとれなかった。

 

そしてなんといっても私は自分の声が好きではなかったのです。

それは中学時代にクラスで立場が弱かったってのもあるが「声の発音の仕方がこもってて変」という理由でイジメられた経験がある、という側面もあったからなのです。

 

でもその先生は私が朗読するたびに褒めちぎり、学期末になりその先生の授業が最後になったときに「君の朗読が聞けなくなるのは、少し寂しい。」とまで言ってくれたのでした。

 

私「そんなこともあったねぇ・・・」

 

・・・っと、なんか変なことを話してしまった気もするが、改めて思い出すのは事あるごとに「声」を褒められることがある。

 

振り返ってみると、その中でも女性に褒められることが多い様な気がする。

 

しかし、その反面・・・

 

婚活イベントとかでは、逆に褒められたことがない。

 

ムムムッ!これはどうしてのかな?
(;’∀’)

 

もしかしたら「印象を良く持たせようとして、喋り方が逆に変になったり、聞き苦しくなっていたりしている。」という側面があるのだろうか?

 

今まで婚活イベントで結果が出ないのは、もちろん見た目の印象もあるかれないが、声の印象や喋りの印象もあったりしたのだろうか?

 

ちょっとその方向からも考えた方がいいのかもしれないね。

 

太った体は一か月や二か月ではどうにもならんが、喋り方はどうにか出来るかもしれない。

 

次のイベントがいつあるかわからないけれど、そこの部分も意識してみなければね。

 

・・・っても、いつあるんだよイベント。
(´;ω;`)

 

・・・と思っていたら、婚活アプリから「いいね」が来たとポップ通知が入ってきた。

 

最近、婚活アプリでマッチングしてもその後が全然だからなぁ・・・

「今回もどうせだめだろう」

もはや婚活アプリでのモテない状況にも慣れてしまっている私。

僅かしかない期待感を胸にアプリを開いたのでした。

 

しかし、声か・・・

 

「Spoon」でもやってみるか?

 

なんてね、ウソウソ。w

 

つづく。
つづきを読まれる方は➡コチラ

 

スポンサーリンク
<

にほんブログ村

婚活ランキング