スポンサーリンク
こんばんは、ヘル兄Rです。

 

私事ですが、今日の私は夜勤二日目を終えた明けの日なのですが・・・

身体がきつくて、やっとこの記事を書く30分ほど前に動く気力が出てきました。w

歳でしょうかねぇ・・・。
(+o+)

 

こんな感じで活動する時間が少なくなると「その分カロリー消費も減るので悪循環になりやすい」なんて言いますが・・・。

 

なんとか動くようにしないとね。w

 

 

本題に入ります。

 

 

タイトルにも記していますが・・・

 

 

「さが桜マラソン2022」はオンラインでの開催が決定しました。

 

 

情報ソースは大会公式HPと公式Facebookです。

 

 

大会HPに今回告知された文を原文ママに掲載します。

 

ーーーここからーーー

「さが桜マラソン2022」は10月20日に運営委員会を開き、通常大会に替え、オンライン方式で大会を開催することを決定いたしました。
佐賀県内での新型コロナウイルス感染症の状況は、医療従事者の皆さまをはじめ、県民の努力と協力により、落ち着きを取り戻しつつあります。しかしながら、今後はまだ見通せず、大会運営に不可欠な医療関係者、5,000人を超えるボランティアと運営スタッフ、1万人のランナーの皆さまにとって安全・安心な大会開催のための十分な準備を整えることが困難であると判断し、2021大会に続きオンライン方式を採用しました。桜の季節の佐賀を楽しみにされていた皆さまには、3年続けての通常大会中止となりますが、何とぞご理解賜りますようお願い申し上げます。
なお、2020大会の中止に伴う2022大会への優先エントリー権(一般ランナー対象)につきましては、引き続き次回(2023大会)に持ち越しとさせていただきます。
オンライン大会はスマートフォンアプリを利用し、3月17日から30日の14日間で開催を予定しています。参加賞や特典など、さまざまに「佐賀」を堪能していただける内容を検討し、計画しております。開催要項、募集方法など詳細は10月中に大会ウェブサイトでお知らせいたします。
コロナ禍の中、日々トレーニングに励まれているランナーの皆さま、大会運営を支えていただいている皆さま、すべての方々と再び笑顔でお会いできる日を願い、今後もより親しまれ、愛され、安全・安心な大会となるよう運営に努めていく所存です。重ねてご支援、ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

ーーーここまでーーー

 

この記事を書いている現時点においては、全国的に見ても新型コロナの感染状況は落ち着いてきている雰囲気はありますが、まだまだ油断出来ない状況であると言えます。

今までの大会規模を維持しながら、感染対策を講じて、安心・安全に大会を行うのはなかなか難しいと思います。

この大会には個人的に思い入れがありまして、大変残念ではありますが、この判断は仕方ないと思いますし、私はこの判断を支持したいと思っております。

 

 

また、2020年にエントリーされていたランナーの皆さんの中には「じゃあ、優先エントリー権は?」って方々も、いらっしゃるかと思いますが、それについても今回発表されています。

それについても原文ママに掲載いたします。

 

ーーーここからーーー

「さが桜マラソン2022」のオンライン方式での大会開催により、2020大会の中止に伴う2022大会への優先エントリー権(一般ランナー対象)につきましては、引き続き次回(2023大会)に持ち越しとさせていただきます。
何とぞご理解賜りますようお願い申し上げます。
なお、優先エントリー権をお持ちの方には、別途文書を郵送しております。
そちらも合わせてご確認くださいませ。

ーーーここまでーーー

 

とりあえずは一安心ですね。
(*^_^*)

 

なかなかオンラインマラソンは、所詮は会場大会でははいので「イマイチやろうという気が起きない」って感じになるって方も多いでしょうし、私も実際にそう思うこともあります。

しかし、自分の好きな大会や思い入れのある大会が、次回のマラソンシーズンの会場大会開催に繋げられるように、オンライン大会に参戦してSNSとかで盛り上げたりするのも、ある意味その大会への応援見たいなものと思ってますので、よかったらオンラインに躊躇してるランナーの皆さんも参加してみてはいかがでしょうか?

 

この大会の今後についても、このサイトでも情報が入りましたら随時お伝えしてまいります。

 

 

「さが桜マラソン2022 ONLINE」の大会HPは➡コチラ

 

 

ではでは。(‘ω’)ノ
スポンサーリンク
<

にほんブログ村