スポンサーリンク
こんばんは、ヘル兄Rです。

 

新型コロナの感染状況の悪化に伴い、今年度のマラソンシーズンも会場大会が殆ど開催されず、我々市民ランナーにとっては悶々とする毎日が続いていたと思います。

そんな中ですが、早くも私が住んでいる九州地区でも、来シーズンに開催される大会の開催が告知されていますので、早速ご紹介したいと思います。

 

 

 

タイトルにも記していますが・・・

 

 

 

「福岡マラソン2022」について開催の案内がありました。

 

 

ソースは大会HPと大会Facebookです。

 

今回大会HPに掲載された内容から抜粋して掲載いたします。

 

 

ーーーここからーーー

 

福岡マラソン2022は、令和4年11月13日(日)に開催します。コースは例年と同様です。

「人をつなぐ。まちをつなぐ。未来へつなぐ。」を大会テーマに、新型コロナウイルス感染症の感染リスクを低減させた中で安全・安心な大会を開催できるよう、国・県が示す基準や、公益財団法人日本スポーツ協会、公益財団法人日本陸上競技連盟が策定しているガイドライン・ガイダンスに基づき、感染症対策を講じてまいります。

※詳しい大会要項と「福岡マラソン2022における新型コロナウイルス感染症予防対策について」は大会HPでご確認ください。(記事の文末にリンク先を記載しています。)

 

ランナー募集は4月18日(月)に開始します!募集要項は4月中旬に大会ホームページにも掲載予定です。
※国内在住の方に限定させていただきます

 

■ 定員

1 マラソン(42.195km) 12,000人(個人・グループ) ※1※2

2 車いす競技(5.2km)  20人  ※2

3 ファンラン(5.2km)  2,000人 ※2

※1 福岡・糸島市民枠2,000人、ボランティア出走枠2022大会出走権(グループボランティア)100人を含む。
※2 ふくおかスポーツ応援ランナー枠200人、個人ボランティア出走枠[2019ボランティア]当選者200人を含む。

 

■ 制限時間

1 マラソン  7時間

2 車いす競技 30分

3 ファンラン 65分

 

■ 参加料

1 マラソン   16,400円

2 車いす競技  高校生以上3,300円  中学生2,200円

3 ファンラン  高校生以上4,200円  中学生2,200円

 

■ 申込期間

4月18日(月)10時 ~ 5月23日(月)20時
※ インターネットによる申込(個人エントリー、又はグループエントリー)

 

■ 抽選結果発表

7月1日(金)
※ 定員を超えた場合は抽選を行う。(状況により追加抽選あり)

 

ーーーここまでーーー

 

・・・となっています。

 

私はこの大会には2018年大会に参戦しておりますが、福岡は天神の車道を走り街中を眺めながら走るという非現実を体験出来るコースから、糸島の自然豊かなコースへと風景が移り変わるコースで、福岡市と糸島市の風景を堪能出来、コースのエイドもいろいろと充実していて、満足度が高い大会だと思います。

あえて不満を挙げると挙げるとすれば、スタートとゴールが離れていて、遠方からのランナーは完走後に間もなく帰りの事を考えなくては行けなので、ちょっとゆっくり休めないところかなーと。

 

しかしこの福岡マラソン・・・

 

 

仮装ランナーにはとにかく厳しい(特に被り物系のランナーには厳しい)ことで有名。w
(;’∀’)

 

 

私も2018年大会には、事務局にどこまで仮装が大丈夫なのかを電話で確認し、ライガーのプライベート仕様を参考にしたマスクを被って参戦し完走しましたが・・・

 

 

ゴール直後に怒られました。w
(^▽^;)

 

 

なので、仮想ランナーの方々もこのレースにする際には・・・

 

自分の本来の姿で走って「本当の自分はどれくらいのタイムで走れるのか?」を頑張るレースにした方がいかもしれません。w

 

 

個人的に今シーズンで感じたことですが、おそらく来シーズンのどの大会も、中止もしくは延期になる可能性はあると思います。

なので、私が主に参戦できるのは九州地区になりますが、各大会のスケジュールの特に「エントリースケジュール」を把握して行ける大会を選んでいきたいと思いますし、無論この大会も参戦したい大会の一つでもあります。

・・・っても、抽選の可能性もあるのよね。w
(;・∀・)

(一応、個人的に本命のレースはNAHA、伊万里HM、天草、熊本城、さが桜です。)

 

 

「福岡マラソン2022」の大会HPは➡コチラ

 

 

ではでは。(‘ω’)ノ
スポンサーリンク
<

にほんブログ村