スポンサーリンク
こんにちは、ヘル兄Rです。

久々に記事を書きます。

 

 

私事ではあるんですけど・・・

 

 

資格試験がおわりまして、ここを更新する時間が取れるようになりました。

 

 

結果については12月に発表なのですが、手ごたえについては・・・

 

 

早速、今回のお知らせ行きましょうか。w
(;´∀`)

 

今回は、このサイトでもたびたびお伝えしているマラソン大会のエントリー状況をお伝えしていきたいと思います。

 

①さが桜マラソン2023

この大会については10月3日~13日の期間で一般エントリーを募集中で、定員4,500ではあるのですが、まだエントリー募集中です。

ただ、エントリー人数にあとどれくらい余裕があるのかはわかりませんが「残り僅か」的なアナウンスがないので、結構まだ余裕があるのではと推測します。

九州地区でも屈指の人気のある大会なので、おそらくは感染症の影響があるのかと思いますが、この大会でこのような事は珍しいです。

コレを機会にご検討の方は参加されてみてはいかがでしょうか?

 

「さが桜マラソン」大会HPは➡コチラ

 

 

②伊万里ハーフマラソン2023

この大会も9月1日からランナー募集を行っていますが、現在の状況はと言いますと・・・

○募集期限:令和4年10月31日(月)まで

 定 員  男 性 女 性 残 
 2,000人 1,349人 306人 1,655人 345人 

 

・・・となっています。

 

まだ若干余裕がありますので、参加をご検討されている方々は参加をご検されてみてはいかがでしょうか?

 

「伊万里ハーフマラソン」の大会HPは➡コチラ。

 

 

 

③第17回天草マラソン大会

この大会も9月19日(月)~11月14日(月)の期間中にエントリーを募集していますが、現在のところ・・・

 

2022年10月7日 12:00現在
申込者数 355名
(定員:2,000名)

・・・となっておりまして、まだまだ余裕があります。

 

参加をご検討の方は、是非とも参加されてみてはいかがでしょうか?

 

「天草マラソン」の大会HPは➡コチラ。

 

 

④鹿児島マラソン2023

この大会も9月30日に一般エントリー等の受付期間延長が発表されています。

ちなみに延長後のエントリー期間は、10月31日(月)17時までとなっているようです。

 

「鹿児島マラソン」の大会HPは➡コチラ。

 

 

・・・と、現在のところこういった感じになっています。

 

なんでこんなことを今回書いたのかと言いますと、おそらくは今回紹介した大会は大丈夫とは思っていますが、マラソン大会のエントリー者数には・・・

 

 

開催可能人数

 

 

・・・というものが存在します。

つまり「この人数を越えるエントリーがあれば大会を開催できる。」という人数で、これを越えなければ大会を開催出来ない、とアナウンスしている大会もあります。

そして「開催可能人数を越えない場合は、次回の大会については開催に消極的になる可能性がある。」とも言われています。

そういった面でもこの「コロナ渦後初の会場開催」は結構重要な位置づけになるのではないかと思っています。

なので好きな大会の存続のために、せめてエントリーだけでもなんてことは言いませんが、エントリーして会場にはせ参じることは、結構大事なのかなと思っています。

今回の私はそんな気持ちが強いかな?

 

 

・・・なんちて。(^▽^;)

 

 

なお上記大会にのエントリー情報についてはこの記事を書いている2022年10月10日現在のものです。

エントリー方法等の詳細については、各大会のHPをご覧ください。

 

この3大会についても情報が入りましたら更新していきたいと思っています。

 

ではでは。(‘ω’)ノ
スポンサーリンク
<

にほんブログ村