スポンサーリンク

こんばんは、マコチョです。

今年の夏は暑いですね。(;’∀’)

なんて話を毎年みなさんやっていると思うのですが、今年は暑いです。
昨年がそこまで暑くなかったからか、今年は特に熱く感じます。

よく、松岡修造氏が日本を離れると、冬場だったら寒くなったり、夏場だったら気温が高めになったり、日本の気温に影響するっていいますよね?(笑)
この文面を書いている現在、リオ・オリンピックで松岡修造氏はブラジルはリオデジャネイロにいますが、その影響は今年の夏にはなさそうです。(笑)

まあ、それだけ世界がオリンピックで熱いのだと思いましょう。(^-^)

そんな暑い真夏に長崎県で「第1回 諫早・雲仙ウルトラウォーキング」は開催されました。

このウォーキングのコースは再来年に開催予定の長崎県本土での初のフルマラソン大会を想定したコースとのことで、マラソン大会開催実現のためにも少しでも貢献出来るように参戦した次第です。

今日の話は少しではありますが、その前日の話。

今回私は団体の部で参加しました。
団体は5名一組でもしメンバーにリタイアが出た場合は個人成績に切り替わるとのこと。

前の日の晩に準備を行う。

勝負服、各種サポーター、シューズ、そしてまさかのための救急セット。

そしてなんといっても忘れてはいけないのは大会参加通知ハガキ。

最近のマラソン大会は参加者が万人を超える大会の場合は、事前にゼッケン等が送られ、当日は時間までにスタートエリアに入るってのが多くなってきましたが、比較的小規模の大会では前日から当日にかけて受付を行う大会が殆どの様です。

大会の通知物を忘れると大会によっては、本人照合を行っても参加を認めない大会もあるのだそうです。

そんな話を聞いたことあるので、確実にはがきはバックに入れておく。

いろいろ準備をしていると、時間は既に午前1時を過ぎていた。(*´Д`)

待ち合わせ時間は午前5時、さて寝らねば。

床に入るものの実は私・・・

翌日にイベントがあると待ち切れず寝つきが悪くなるタイプの人間でして、遠足の前日の小学生のようになかなか眠れない私。(笑)

そして、午前5時を告げるアラームが鳴る。
結局寝れたのは2時間くらいでした。(*_*;

身支度をして、待ち合わせ場所へ向かう。

・・・ってか殆ど当日の話してないなあ。(笑)
(;’∀’∩

つづく。
つづきを読まれる方はコチラ。

にほんブログ村 スポンサーリンク