スポンサーリンク

前回の続き。

前回を読まれる方はコチラ。

大会前夜はわくわくして「遠足前の子供のように」眠れない私ですが、今回はなぜか熟睡。
(^-^)

朝6時に起床し、窓を開けると室内は暖房を入れなくとも快適に過ごせる室温でしたが、外は雨が降っていて、北風も強く、寒い。
(*_*;
この大会はスタート時刻が10:00と比較的遅めなので、結構じっくり準備が出来るので8時頃にホテルを出て、昨年も停めた某中学校のグラウンドへ向かう。

しかしここで雨天時特有の事態が起きる。

雨天で本来駐車場で使う予定のグラウンドがぬかるむようになってしまい、駐車場に使えるよう状態ではなくなってしまったため、他の駐車場を探すことに。
(;゚Д゚)

上記の事が影響したからか、どこの駐車場もすでにほぼ満車状態
(*_*;

考えた末に、宿泊したホテルに戻り事情を説明したところ、14:00ごろまでの駐車させていただく事に。
(^-^)

ホテルから会場までは大体1kmくらい。
必要最低限の荷物を持って会場へ向かう。

途中でストレッチとか行いながら、道中を進んだのだけど、そこであることに気づく。

・・・アレ?タイガー(一緒にハーフを走る友人)の荷物ってなんか小さくないか?

「まさか・・・」と思いながらも尋ねてみる。

私「タイガー、荷物小さいけどマスクは?」

タイガー「ん?えーっとね、早く受付まで行こう。」

私「まさか・・・被らないのか?」

タイガー「だって、後ろを止めるひもを付けてないもん。」

な~にいぃ~ッッ!!
(クールポコではない。(笑))

確かに未完成で、ここまで持参した。
代替えでビニールテープで貼るとかいろいろ考えてもいたが、結局はただ被るだけでもズレそうではないし、後頭部付近を固縛しないことで通気性も良くなるから暑さ対策も万全だから大丈夫じゃね?

って話をしたじゃないかー!!
(゚д゚)!

私は応援用のレプリカマスクを買ったが、彼はこの日のため「マスクは作る!」と意気込み、わざわざ生地などの素材を購入し(結果その素材で私が買ったマスクの金額に匹敵するのだが、それはここではどーでもいい。(笑))一度試作品を作って、二度目の制作で・・・

このクオリティのマスクを作りやがったのです!

どーですか?このクオリティ?凄いでしょ?手作りですよ?

しかもオール手縫い!!!

キミはこの日のために、ジョギング練習の時間を潰してまで、このマスクを作ってきたというのに・・・。

 

なのに・・・

なのに・・・

アンタって人はーー!!!byシン・アスカ(笑)

こんな感情ではありますが、なんとか会場に到着。

受付を済ませ、Tシャツを受け取る。

今回はグリーンだね。(^-^)
最近思うのはどの大会も一昔前と比べるとTシャツのデザインが良くなって来てるように思います。

今回のTシャツはこんな感じ。
フロント

バック

ライガーで走らなければこのTシャツを着て走ったかもしれません。

更衣エリアは他の選手でほぼ陣取られており、通路の角の所に3人座れる程度のスペースがあったので、そこに陣を取り準備を行う。

そしてスタートエリアに向かう時間となる。

しかしここ私の心にある少しだけ変化が。(笑)

何度も準備段階でこのマスクは被っているけど、何故だろう?いざココで被るとなると躊躇してしまう。
(;’∀’)

「やるしかねーな・・・。」と心に決め、マスクを被る。

被ってから、この変化に気づくまでに1秒もかからなかった。

めっちゃ視線を感じる。
(〃ノωノ)

そして、私を見て笑ってる人がいるのがわかる。(笑)

マスクを装着した私はこんな感じ。

初めてだったので恥ずかしい事この上なかったが、スタート時刻も近づき、そうも言ってられない。

なるようになれ!!

と、ちょっとだけヤケになりながらスタートエリアに向かったのでした。

つづく。
つづきを読まれる方はコチラ。

にほんブログ村 スポンサーリンク