スポンサーリンク
第3話の続きです。前回を読まれる方はコチラ。

無事に空港に到着した我々一行。

桃園国際空港内へと足を進めていきます。

しかし、この空港・・・

入国手続きに着くまでがとても遠い。(笑)

果てしなく長い一直線の歓迎エリアを進まないといけません。

上の写真の様にこのエリアには動く歩道が設置されてますので、それを使う事を強く推奨します。(笑)

この直線の歓迎エリアを抜けると、入国審査に入る。

なんとなくだけど、外人さん(この国なら自分もそうだが(笑))が多く、白人の方や南米の方も見かけるような?

前回経験したからか、特に私も緊張せず、無事に通過。
けんジョヴィ氏も無事に通過し、預け荷物を取りに行く。

しかし、ここが10か所くらいの荷物変換場所があって、見つけるのに躊躇する。
(*_*;

見つけるのに時間が掛かり、荷物を見つけた時には、既に係員がベルトコンベアから降ろしていた。

ここでは航空会社名と便名を元に探したら、見つけやすいようです。

無事荷物を受け取り、ロビーへ向かうゲートを抜けた瞬間・・・

「○○○(旅行会社名)のヒトー!!コッチコッチー!!!」

と女性の大きな声が聞こえる。

そこには今回の添乗員さんがオレンジのベストを着て待っていた。

その風貌、喋り方・・・

典型的な昭和の関西のおばちゃんのような人である。(笑)

私達の名前を伝えると、「みんなが揃うまで待ってくれ」と言われる。

空港ロビーは入国手続き等を終わって各自集合しているツアー客でごった返していました。

ふと空港内を見渡すと・・・

ちょっと写真では見にくいですが、ユニバーシアードが台北で開催されているようで、大会にちなんだサインを多く見かけました。

なるほど、だから外国の方が多いのか。
(*^^*)

全員集合し、バスへ向かう。

バスに乗り込み、一路台北市街へ

車内では添乗員さんがずっと旅に関する注意点を説明していました。

・台湾は治安はいい方だが、スリ等が多いので注意する事。
・タクシーも中にはワザと遠回りするドライバーもいるので、注意する事。
・いきなり色々と地元の物を食べるとお腹を壊すから、特に冷たい飲み物は初日は控える事。

などなど、いろんな説明がありました。

しかし、説明がちょっと長くて、前回みたいに景色をみながら、時には写真を撮るとかが出来ない。
(*_*;

あ、ちなみにガイドさんはコチラ⇩

カンさんという方で、喋りが面白いですよ。

ちなみに3日目の空港への出発は05:30

これではほぼ2泊2日である。(笑)

そんな中、私達が宿泊するホテルの名前「グリーンワールド林森(リンセン)」はこの名前を出しても、地元市民には殆ど通じないとのことで、とにかく・・・

林森(リンセン)を強調しなさいと説明がある。

その説明から、事あるごとに

グリーンワールド林森・・!

林森!

林森!!

・・・ってことあるごとにクドイわ!!

おもしろいけど。(*^^*)

すると、両替をしてない方のために、両替施設に停車して小休止、その時に・・・

「ハイ、ここに美味しいジュースやさんあるよ、私の客だったら、この店タピオカをサービスするよ。」

って、オイ。

初日から冷たいジュースはダメなんじゃなかったのか?(笑)

でも、その店のミックスジュースは美味しかった。

その時に写真を撮れるものを手に持ってなかったのが悔やまれる・・・。

その店の周辺から聞こえて来たのは、まさかの「Perfume」の「COSMIC EXPLORER」

 

台湾でも人気なのかな?

異国の地で知っている言葉や曲を聞くとなんか安心します。

再びバスに乗車し、足つぼマッサージのオススメの店のパンフを貰い、台北101の下にある小籠包の店「鼎泰豐(ティンタイフォン)」のチケットを買う。
あらかじめこのようなチケットを買うと待ち時間等、かなり有利な感じになるそうで、このチケットの効果の程は後程。

そしてホテルに到着。

16:30頃だったのですが程なく台湾のお知り合いから・・・

「いまそちらに向かっています。」とのLINEが入る。

うわ、支度せにゃ。

つづく。

つづきを読まれる方はコチラ。

 

スポンサーリンク