スポンサーリンク
第18話の続きです。
前回の話をお読みになる方はコチラ。
晩御飯を終え、再び士林夜市の出店観光をする私達。

地下の美食館から上がってくるとすぐそこには金魚すくいが。

お客さんが結構集まってて、結構繁盛している様子。

劉さん曰く、有名で美味しい飲み物の屋台があるとのことで、そこに向かう事に。

途中、いろんな店がありました。

ホント、食事処が多すぎて、地元の方でも全店舗食べた人はいるのかな?

ココは海鮮料理かな?

でも中にはこんな暇そうな感じの屋台もあります。(笑)

アレ?この看板は・・・?
(?_?)

廃屋と化してますが、昔の名残なのでしょうか?

劉さん達お勧めのドリンク店はちょっと裏通りにある様子。

しかし、この二人歩くスピードが早い。(笑)

着きました。

写真ではわかりにくいですが「珍煮丹」と言うお店。

黒糖やタピオカを使った飲み物を販売している様子でした。

写真がぼやけて見えにくいですが、コチラが看板メニュー。

台湾のテレビ局でも紹介されているようで、結構注文待ちのお客さんがいて、私達も15分くらい待ったでしょうか?

私はミルクと黒糖を混ぜたようなタピオカ入りのカフェラテみたいな飲み物を注文。

私はこの飲み物の写真を撮り忘れる。
( ゚Д゚)

何たる失態。m(__)m

しかし、これが黒糖が入ってはいるのですが、甘さが程よくて美味しいんですよ。
見た目より甘い感じがしないドリンクでした。

タピオカってこんなラテみたいな飲み物にも合うんですね。
(*^^*)

そのドリンク屋台の隣を見ると・・・

なあんじゃこりゃぁ。(笑)

豚の1頭を解体してる?
ちなみにこの豚の皮は本物とのこと。
( ゚Д゚)

ドリンクを飲みながらいろいろ見ながら進んでいくと、途中でこのような自販機が。

写真を撮り忘れましたが、この自販機の横にはサイクロン掃除機や、チェキみたいなカメラ、タブレット端末のような製品の写真が掲載されており、これらが当たる模様。

なんか、日本の変な自販機で有名な・・・

「コスモス」と同じカテゴリーの自販機のような気がする。(笑)

出てくる箱はこんな感じ。

んで、劉さんの彼女がやってみると、なんかピアスみたいなアクセサリーが当たる。

けんジョヴィ氏がやると、ジョギングとかの運動時に携帯を腕にホールド出来るケースが当たる。
でも色はピンク。(笑)

んで、私がやると・・・

なんじゃこりゃ?

中身はサングラス。(笑)

これって西部警察の団長のヤツやん。(笑)

フレームがすぐ折れそうなサングラスです。
( ;´Д`)

なんかの時にかけて行こかな。(笑)

そんなこんなで観光をしていたら時間は現地時間の21時を回っておりました。

んでまた前編で紹介したようなゲーム屋台を見ながら観光し、タクシー乗り場まで向かい、劉さん達とはココでお別れ。
(´;ω;`)ウッ…

タクシーに乗って出発に際に「I will be back!」と言うと、2人は笑って送ってくれました。

ホント夕方からこんな時間まで付き合ってくれて劉さんとその彼女さん・・・

本当にありがとうございました。
m(__)m

萬年ビル、台北牛乳大王、士林夜市と楽しい観光が出来ました。

ホント、ツアープランでは味わえない、濃い観光が出来たと思います。

こんな遊びが出来るなんて、怒髪天の「オトナノススメ」の歌詞ではありませんが・・・

「オトナはサイコー!!」です。(笑)

観光の余韻に浸る私たちを、タクシーは宿泊先まで運ぶのでした。

つづく。

つづきを読まれる方はコチラ。

 

スポンサーリンク