スポンサーリンク

 

第66話からの続きです。

 

前回の話を読まれる方は⇨コチラ

この話は何ぞや?もし「最初から読んで見てもいいかも?」って方は⇨コチラ。

 

佐世保で行われた、モデラー仲間(って程まだ仲良くはないかもしれませんがww)の忘年会に参加して、夜が明けて・・・

 

宿泊先での事・・・。

 

起きる直前に耳に入って来た音・・・いや、言葉は・・・

 

 

「そこはまだ入ったらダメみたいよ~。」

 

 

ん・・・ルームメイクさんの会話かな?これからの時間はルームメイクさんは大変そうだよな・・・

 

 

・・・ってアレ?

 

 

ルームメイクさんが動いている時間!?

 

 

ガバッッ!!

 

 

と跳ね起きる。
Σ(・ω・ノ)ノ!

 

時計の針は既に9時を回っていた!!

 

 

ヤバイ!寝過ごした!!

 

 

待ち合わせは10時、このホテルから待ち合わせの場所までは約50分ぐらい。

 

イカン!急がねば!!

 

速攻で、洗顔、整髪、歯磨き、髭剃り、を済ませてチェックアウトをするためにフロントへ。

 

車についてはホテルから少し離れている駐車場にあると案内され、そこまで歩くことに。

 

早足で歩いてはいたのだけれど、途中で野良猫たちを見かけてちょっと癒される。ww

ネコ・・・いいのう・・・カワイイのう・・・。
(*´Д`)

 

ウチは実家の仕事の関係で、ネコは飼えないのよね・・・。

 

 

そんなこんなで三代目流星号を見つけて、早速出発。

佐世保市街地から、待ち合わせ場所の嬉野インター駐車場まではだいたい40~50分。

 

間に合うかどーかは正直微妙だ・・・。

 

 

待ち合わせ場所までのコース的には、佐世保から有田・波佐見いう九州でも有名な陶器で有名な町を通る。

 

そういえば波佐見焼は最近デザインなど今風のおしゃれなものが多くて、実家の仕事で使えるようなスープボールに使えるような陶器はないか探してみたいきもするが、いかんせん今日は時間がない。

 

機会があったら、一度売り場(でいいのかな?)を覗いてみたいなあ。

 

また、波佐見と言えば、現在月間フラワーズで長崎県出身の漫画家小玉ユキさんの「青の花 器の森」を連載中で、この作品からも波佐見焼の魅力は充分伝わると思いますよ。

 

小玉ユキさんの「青の花 器の森」の作品紹介ページは⇨コチラ。

 

なんて思いながら車を走らせていたら、本日会う相手の方から・・・

 

「ちょっと遅れる」

 

・・・との連絡が入る。

 

助かった・・・。
(*´Д`)

 

そして待ち合わせ場所へ到着。

 

私が到着して間もなく、相手の方も到着。

 

 

さて、どんなファーストコンタクトになるのやら・・・。

 

 

つづく。
つづきを読まれる方は⇨コチラ。

 


にほんブログ村

 

スポンサーリンク