スポンサーリンク

この物語は「40代で未婚の男性が4年後に結婚する確率は3%(所説アリ)」というこの絶望的な数字を打破するべく、鉄のオルフェンズの鉄華団のように、もがき、あがき、抗い続ける、冴えない40代男の物語・・・

 

なーんて書いてますけど、要は結婚し損ねているオッサンがバタバタしている話です。(笑)

 

前回の話をお読みになる方は⇨コチラ。

 

 

それは急に話がまとまったのでした。

 

本来ならばその日は、私の親父が福岡へ通院する為に希望休みを取っていたのだけれど、その通院がキャンセルになっていた・・・

 

・・・と前日知らされた。ww
(;’∀’)

 

偶然にもその日はこの「守りし者への道」でも最近登場している、楽器演奏の動画を送ってくれたユーさんの休みの日。

 

ユーさんとの主なやり取りについては⇨コチラ。

 

ダメもとで、ユーさんに本当なら次週に予定していた会ってスイーツを食べる日を、翌日に出来ないかを聞いてみると・・・

 

 

なんと快諾!!
\(◎o◎)/!

 

 

そうと決まれば、動くだけ!!

 

 

翌日。

 

 

三代目流星号を走らせ、長崎市へと向かう。

 

約束の時間は17時に市内の某ショッピングモール。

最近本屋が大幅にリニューアルされて、その本屋の周辺にあるスイーツカフェ前で待ちあわせ。

 

ファーストコンタクトはホントにいつもながらドキドキである。

どんな方なのかってのもあるのですが・・・

 

第一印象の自分がどうみられるかが一番心配なのです。

 

ここんとこ服をあまり新調していない私は、特に春物衣料については殆ど持っておらず、まだ冬場も装いの季節感がない服装。ww

 

待ち合わせ場所に着くと、お互いがその存在に気付くまでそう時間はかからなかった。

 

待ち合わせに来たユーさんは身長が高くスラっとした感じのスマートでおしゃれな方で、私とは大違いである。ww

お互い「宜しくお願いします。」と挨拶。

 

店に入り二人ともパフェを注文。

 

席に座り、喋りながら会話をしていく。

 

あの動画のメロディーを奏でる主はどのような人なのか?

 

話をしてみると、実はユーさんの前職が今の私と同じ業界だったり、過去の恋愛ついて私と同じような境遇をお持ちだったりと、意外と共通点がありました。

しかし、注文したのがパフェだったので、二人とも一時間足らずで食べ終わってしまう。

 

イカン、もう終わってしまうか・・・
(;´д`)

 

と思っていたら・・・

 

ユーさん「本屋さん、一緒に見て回りませんか?」

 

私「も、もちろん!」

 

二人で一緒に見て回る。

 

とは言ってもユーさんのペースに合わせて巡って、その先々でユーさんが「これ好きなんです」と自分のオススメな本を教えてくれました。

 

すると・・・

 

ユーさん「ヘル兄さんはどんなのが好きなんですか?」

 

・・・と、尋ねて来た。

 

私「私の好きなヤツ?えーっと・・・」

 

・・・とユーさん越しの先に見つけたのは・・・

 

買いたかった季刊の「グレートメカニックG」!!

 

しかも今回の表紙は・・・

レッドショルダー隊!!

(帰り道のTSUTAYAで購入してます。ww)

ああ・・・右肩アーマーの血の色の赤、本物のレッドショルダーやん・・・かっこいいなあ・・・
(;´Д`)

 

じゃなくて!!

 

 

探したらちょうど買いたいこのマンガがあったので、小玉ユキ氏の作品についてのうんちくを語る。ww

何とか助かった。
(;’∀’)

 

しかし、色んな本を見たり、雑貨を見たりしながら話していくと、行ってみたい外国とか、手に取ってみる本とか、なんとなく共通点が多かったかも?

なんだかんだで3時間程一緒に過ごし、お別れする。

 

とても感じがイイ人だったなー。
(*´▽`*)

 

でも、お互い場所が遠いから、もしかしたら敬遠されないかなー・・・

 

なんて思いながら三代目流星号を走らせた帰りの途中、ユーさんから連絡が入る。

 

 

「市内に来られる事があれば、またお会い出来ればと思います。」

 

 

市内に行く理由・・・?

 

いくらでもあるって!!(越中詩郎風にww)

 

ってか、作りますよ!!

 

少し希望が見えてきたかな・・・と思えた帰り道でした。

 

 

つづく。
つづきを読まれる方は⇨コチラ
<

にほんブログ村

婚活ランキング

 

スポンサーリンク