スポンサーリンク

 

こんばんは、ヘル兄Rです。

 

ってか、タイトルがメッチャ長いですね。
(;’∀’)

 

 

お待たせしました。工房再開いたします。ww

 

 

・・・って待ってる人、いるのかね?ww

 

今日からはまずこの二つのキット

 

HG 1/144 マジンガーZ(マジンガーZ Infinity Ver.)

HG 1/144 グレートマジンガー(マジンガーZ Infinity Ver.)

 

から手を付けていきたいと思います。

 

言い訳にしかなりませんが、やはりマラソンシーズンからそれ以降、レポとか色んな記事を書いていたら、しばらくの間はなかなか手が付けれませんでした。

 

この二つのキットは部品が共通している部分が結構多いので、同時に進行しました。

 

今回手を施したのは関節などのパーツです。

このマジンガーZ/infinityシリーズは関節部分やフレーム的なパーツが殆ど共通で、恐らくは今月発売予定の「HGグレンダイザー」もテストショットを見た範囲では、同じ仕様の物が使われるようです。

 

強いて言うとマジンガーZはこのパーツ。

ドリルミサイル再現パーツとジェットスクランダーのノズル、そして写真撮り忘れましたが、腰部パーツ一部とジェットスクランダーの接続部のパーツがあります。

 

それに対しグレートは・・・

グレートブーメランを外した後の胸部パーツ、スクランブルダッシュのノズル&接続部があります。
(あと、腹部パーツも一部Zとは違います。)

 

 

今回もこの関節部の塗装方法は・・・

この「こすって銀SUN」をピッカピッカになる・・・

 

前に加工をやめて、艶消しトップコートでくすみを出してフレームのような雰囲気の塗装をするという・・・

 

 

非常にもったいないゼーーーーーーーット!!ww

 

 

でも、いい色出るんですよこの方法。(※あくまで個人の感想で人によって大差があります。)

 

 

こすって銀SUNは粉末塗料なので、脱脂綿にとって部品にこすりつけていきます。

 

今回のキットのノズルのように小さいくぼみ等は、綿棒なんかに取ってからこすっていくと効果的です。

 

ピッカピッカになる前まで施した部品がコチラ。

 

2~3日程塗装を定着させて、艶消しトップコートを吹き付けます。

 

ちなみにこちらがトップコート吹き付け前。

 

吹き付け後。

くすんだ感じになったのが伝わるかな・・・

 

ってか、写真がピンボケだな・・・
(;’∀’)

 

次は各マジンガーの外装に手を付けていきます。

 

つづく。

 

<

にほんブログ村

模型・プラモデルランキング
スポンサーリンク