スポンサーリンク

 

この物語は「40代で未婚の男性が4年後に結婚する確率は3%(所説アリ)」というこの絶望的な数字を打破するべく、鉄のオルフェンズの鉄華団のように、もがき、あがき、抗い続ける、冴えない40代男の物語・・・

 

なーんて書いてますけど、要は結婚し損ねているオッサンがバタバタしている話です。(笑)

 

前回の話をお読みになる方は⇨コチラ。

 

ユーさんとの会う予定がなくなってしまったヘル兄R。

 

「申し訳ありません」

 

・・・と書かれたLINEスタンプになんか引っかかりがあるものの、メッセージで次の提案をして連絡を待つ。

 

 

ちなみに現在、連絡が繋がりがあるのは2名

 

 

まずとっちゃんの奥さんの紹介で知り合った、かーさん。

私と知り合った頃に務めていた会社辞めて転職を決意、そして現在は新しい職場で奮闘中で、連絡1~2日に1回程度。
ちょっと仕事が色々と会って、会う機会を作るのは現在のところはちょっと厳しそうな感じ。
(;’∀’)

 

そして婚活アプリで知り合った、ユーさん。

この間の「申し訳ありません」から2日後、連絡が来て提案した日程に予定が入り、今月はスケジュールを合わせるのは厳しいと連絡が入る。
(;´д`)

 

 

現時点で二人とも連絡は取れているんだけれど、やり取りの内容で共通点があって・・・

 

 

 

二人ともコチラに対する質問がなくなってしまった。
(;゚Д゚)

 

 

 

という部分です。

 

 

ここでも書いてますが、経験上・・・

 

 

この状態になると私に対する興味がなくなった可能性が高く、残念ながら終わりは近いかもしれません。

 

 

実際、私もただでさえ異性とのやり取りは不得手なこともあり、情けない事にもう話のネタが尽きつつあります。

 

なんて思っていたら、思わぬ人物からLINEで連絡が入る。

 

あの時のけんジョヴィ主催の飲み会で、一緒に参加した後輩からの連絡でした。

 

あの飲み会とは⇨コチラ

 

その内容は・・・

 

 

「今度、男2名×女2名で飲み会をしましょう。」
(;゚Д゚)

 

という物でした。

 

私には断る理由はなく、即答でお誘いを快諾し、その日を迎えたのでした。
つづく。
つづきを読まれる方は⇨コチラ
<

にほんブログ村

婚活ランキング
スポンサーリンク