スポンサーリンク

 

こんばんは、最近やっと腰痛が改善してきて、いつもの感じに戻りつつあるヘル兄Rです。ww

 

腰痛は改善したものの、実家の仕事は忙しく、やっと今日の晩がお客さんがいなくて暇になった感じでしょうか?

 

ココの記事を2つくらい作って、酒でも飲みながら「Avengers/Infinity war」をもう一回見て、復習しましょうかね。ww

 

・・・ってまだ「エンドゲーム」を観に行ってないのか?って言われそうだ。ww
(;’∀’)

 

 

本題に入ります。

 

 

そんな中ではありますが、多忙の最中ではありましたが、なんとか着実に工程を進めておりました。

 

 

HG 1/144 グレートマジンガー(マジンガーZ Infinity Ver.)の作業進捗状況です。

 

前回の工程を御覧になる方は⇨コチラ

 

まず、ここまでモールドが沢山あるのに、一直線に合わせ目がガッツリ入ってしまう両腕の前腕部(アトミックパンチ部)と、両脚の下腿部の脹脛部分の合わせ目消しを行います。

 

前腕部です。

ちょうど鋭角部分に合わせ目が入っていたので、ちょっと先端がつぶれたかもです。
(;’∀’)

 

下腿部です。

いずれの部分も合わせ目がモールドにかかっているので、合わせ目消しをする際にはモールドがつぶれないように注意が必要ですね。

 

両脚の踵部にも大きい合わせ目が入るのですが、接着してはみたもののこの部分はちょっと消すのに手間取りそうだったので、合わせ目を接着後にモールド処理しています。

写真ではちょっとモールドがガタガタですが、削って修正しています。ww

 

この両足首の部分ですが、関節部を組み込んでマスキングをしようと思ったのですが、なかなかテープが部品の間に入りにくかったので、マスキングゾル改を使用し、はみ出た部分をカッター等で切り取っています。

 

場所は変わって、スクランブルダッシュの本体部の合わせ目もモールド処理しています。

 

しかし、処理後に見てみるといかにも合わせ目っぽい。(;’∀’)

 

両肩の装甲部も一部に合わせ目が出るので、ここもモールド処理しています。

ここの雰囲気は上手く出来たと思います。(^-^)

 

そしてサフ吹き。

サフについては「MR.フィニッシングサーフェーサー1500 ブラック」を使用しています。

個人的にこのサフのマットなブラックの色が好きだったりします。

 

これで塗装の準備が整いました。
(^-^)

 

 

しかし、このキットの全塗装仕上げの最大のネックはこの・・・

ブレストバーンの放熱板(グレートブーメランと記した方が正解?)です。
(;’∀’)

 

未塗装じゃ浮いてしまうし、塗装すると裏のモールドが消えてなんか勿体ない・・・

 

ちょっと考えよう。

 

 

どっちにしても、次回塗装をしていきたいと思います。

 

・・・っと、「鉄の城」も進めないとね。
(゚д゚)!

 

つづく。
つづきを読まれる方は⇨コチラ
スポンサーリンク

 

<

にほんブログ村

模型・プラモデルランキング