スポンサーリンク
制作日記 Beginningのつづきです。
前回をご覧になる方は⇨コチラ。

 

 

いざ作ろう!!

 

 

・・・って思ったら、妹から連絡があって、妹の家に行く事になり・・・

 

 

帰って来たのが、22:00頃。
(´;ω;`)ウゥゥ

 

 

この記事を書き終わる予定のこの日は仕事で朝5時起き。

 

 

 

はよ組まな!そしてはよ寝な!!
(゚д゚)!

 

 

・・・と言うわけで、日々の暮らしの合間の少ない時間を使って、「技術がなくてもここまで出来る」をテーマに、趣味のプラモの作業工程を単純に記録していくだけの、まさに下手の横好きのこのコーナー、今回も参ります。w

 

 

上記事情の為、今回は作業出来たところまで書きます。w
(∩´∀`)∩

 

まず両腕を組みました。

肘関節はHGキット等とは違い、1軸可動ですが上の画像の部分まで曲がります。

なんとなくこの曲がり方は以前ここでもご紹介した、ガンダムG40を思い出します。

このキットもデザインが活かされてるというか、そんな感じがします。

ちょっと気になるのは前腕部にはシールドを固定するための穴が、外側だけではなく内側にも設けてあります。

これは左右間違えて組んでも、分解せずにシールドを固定出来るようにするためのものなのか?

それともさらなる拡張性を持たせるためのものなのか?

 

 

はたして?
(。´・ω・)?

 

 

次に胴体部を組みました。

特にこの部分はパーツ分割がよく考えられています。

胸部の襟の部分の黄色と、両胸のダクト部分の黄色が一つのパーツにまとまっていて、それに対する青い胸部パーツと腹部の赤のパーツの分割もよく考えられていて、思わず「おおー」とうなってしまいます。

あと、このキットはランナーからパーツを手で捥いでも大丈夫と記載されていますが、さすがにこの青のパーツや赤のパーツは跡が残りやすいので、ニッパー等を使った方がいいかもしれません。

 

そして胴体のパーツのすごいところがもう一つ。

このランドセル部分がバーニア部分まで一発抜き(要は一つのパーツ)なんですよ。

一番最初の1/144ガンダムのランドセルからすれば、これはホントスゴイ。

 

胴体部を組み終わりました。

 

 

先に組んだ両腕と肩部を組んでみました。

うおぅ、なかなかカッコいい。

 

後ろからです。

おおぅ、カッコイイ。

 

世間はシルバーウィークで4連休ですが、私のシルバーウィークは昨日で終了なのです。

 

今日からまた仕事なので、時間を何とか作っていきたいと思います。

 

では、つづく。
つづきを読まれる方は⇨コチラ
スポンサーリンク
<

にほんブログ村

模型・プラモデルランキング