スポンサーリンク
こんばんは、ヘル兄Rです。

 

このネタバレだらけのネット社会で、あくまでネタバレを極力抑えながら読んだマンガを紹介する自己満足のこのコーナー、今回も参ります。w

 

今回はコレを読みました。

「怪獣号」です。

 

この作品ですが集英社のサイト「少年ジャンプ+」で連載されている作品です。

このサイトでは集英社の雑誌で連載されている作品もさることながら、サイト限定の作品も読むことが出来て、この「怪獣8号」そんな作品のひとつです。

お恥ずかしながら、私はこのサイトのことを最近知りまして、それでたまたま作品を色々見ていたら、この作品が面白くて、1~3話しか読んでいませんが「これは単行本買いたいな~。」と思い、やっと本日購入にいたりました。

 

 

あらすじは以下のとおり。

 

怪獣による被害が災害と認定されている時代。
その中でも何故か怪獣発生率が世界屈指の日本では、怪獣の発生により被害が出る事が日常になりつつあった。
主人公・日比野カフカは、かつて防衛隊員を目指していたが、現在は夢を諦めて怪獣専門清掃業で働いていた。
ある日カフカは、謎の生物によって、身体が怪獣化、怪獣討伐を担う日本防衛隊からコードネーム「怪獣8号」と呼ばれる存在になってしまう。

 

・・・と言うお話。

 

展開としては、ジャンプのバトルマンガのように流れになっていきそうですが、カフカが怪獣化した時に、周囲の反応がどうなるか?カフカ自身がどうなるか?って部分も面白おかしく描かれて面白いです。

個人的には「笑顔」がツボでした。w

また、セリフの中に細かい設定の説明があり「怪獣が討伐、殺処分された後にどうなるのか?」なんて部分とか、現代の緊急地震速報のように情報が流れて、色んな意味でそれに対応出来てたり、慣れていたりと、作中の社会的な部分等、読んでいるとニヤリをするところも多いです。

 

このサイトでも時々登場するfk-ismさんも言われましたが、なんとなくエヴァやシン・ゴジラ等へのオマージュ的な部分もあるような気がします。

なんかア〇カみたいな女の子もいますしね。w

 

あとちょっとデビルマンも入ってるかも?

 

 

謎の部分も既に結構多いように思います。

個人的に思うのは・・・
(私は1巻以外の話は読んでいません。)

 

なぜカフカが怪獣になってしまったのか?

なぜ亜白ミナは幼い頃から同じ髪飾り付けているのか?

怪獣から技術をフィードバックしている、日本防衛隊ってどんな組織なのか?

防衛隊スーツの「解放戦力」ってホントのところはなんなのか?

そもそも怪獣は何者でどこから来るのか?

・・・って、ところでしょうか?

 

今後も楽しみです。

 

特に「ちょっとアラサー以上の年齢で、過去に夢を諦めた」って人や「諦めた夢をもう一度追いかけたい」って人に読んでもらいたいかもですね。

 

 

「少年ジャンプ+」⇨コチラ。

 

ではでは。(‘ω’)ノ

スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村