スポンサーリンク

この物語は「40代で未婚の男性が4年後に結婚する確率は3%(所説アリ)」というこの絶望的な数字を打破するべく「ウルトラマンジード」の星雲荘の仲間たちのように、運命をひっくり返そうと抗い続ける、冴えない40代男の物語

 

・・・なーんて書いてますけど、要は結婚し損ねているオッサンがバタバタしている話です。(笑)

前回をご覧になる方は⇨コチラ

 

コロナ禍で婚活の会場イベントが軒並み中止になっている中、何度もやめようと考えている婚活アプリに、なんとか活路を見出そうとするヘル兄R。

 

前回、マッチングして写真まで送って来てくれた女性がいたのだが、写真の褒め方が悪かったのか、すぐに連絡が来なくなってしまった。
(;’∀’)

 

 

うむぅ・・・私はやっちまったのかな反省せねば・・・。

 

 

なんて思っていたらまた「イイね」の通知が入る。

 

なんとなくではあるんだけど、コロナ禍になってから「イイね」の来る回数が多くなっているような気がする。

 

なんて思いながら「イイね」を返してマッチングの状態にして、お礼のメッセージを送る。

 

するとさっそくメッセージが返って来た。

 

相手の女性「はじめまして○○です。まずは友達から始めます。宜しくお願いします。」

 

なんとなくなのだが、なんか違和感がある返事だ・・・なんて思いながら2回ほどメッセージを返すのだが、返事の言葉がやはり変なのです。

 

 

翻訳アプリの日本語訳のような違和感がある。w

 

 

なんて思っていたら・・・

 

相手の女性「ちなみに私はハーフです。」

どうやら中国人とのハーフとのことらしい。

 

そうだったのか・・・なんて思っていたらこの直後に・・・

 

 

LINEのIDを送って来たのでした。

 

 

ムムムッ!!

 

 

私はこのパターンを知っているッッ!

 

婚活アプリで知り合った外国人(と思われる人物)が早い段階で連絡先をLINEに移そうとするパターンを知っているッッ!!

 

 

これは警戒しなければならないッッッ!!!

 

そう思いながらもLINEでのやり取りが始まる。

 

すると早速コチラが質問していないのに、相手の女性は自分自身の仕事の話をしてきたのでした。

 

相手の女性「私は株式アナリストです。あなたは投資をしたことがありますか?」

 

 

やはり来たか!

 

 

前回、婚活アプリでマッチングした謎の台湾人(と思われる方)から投資勧誘目的でやり取りをする羽目になったことがあったので、今回は先手を打つことにした。

前回のパターンの話は⇨コチラ。

 

私「勧誘目的なら通報しますね。」

 

そうメッセージを送ると、相手の方は「いやいや、そうじゃない。」と返事して来て「別の話をしましょう」と言ってきたのだが、その話題が・・・

 

 

新型コロナの話。w

 

 

それでやり取りをしていくのだが・・・

⇩実際のやり取りの写真。

アレ?コロナの話なのになぜか投資の話がちょこちょこ入ってるぞ。w

 

でも私がしたいのはこんな話ではない。w

 

日常的な話に切り替えてを試みる。

私「晩御飯は食べましたか?」
相手の方「食べてない、副業の投資作業をしていた。」

 

やっぱりなんかおかしい。w

 

相手の方から時折「仕事がどんなに忙しくても食事と休憩は取ってください。」的なメッセージはあるものの、やり取りの中に必ずと言っていい程、「副業の投資」の事がチラホラ。w

 

 

しかし数日後、相手の方が勧誘の見込みがないと判断したのか、LINEの返事が来なくなり、そのまま連絡が途絶えました。

 

 

こんなのばっかだなぁ・・・。
(´;ω;`)

 

 

私はまじめにパートナーを探しているのに、なんでこんなのばっかやってくるんだ・・・。
(+_+)

 

そう思っていると、また婚活アプリから「イイね」されたとの連絡が入る。

 

さて、今度はどんな人かなー。

さほど期待せずに婚活アプリを起動するのでした。w

 

つづく。
つづきを読まれる方は⇨コチラ。
スポンサーリンク
<

にほんブログ村

婚活ランキング