スポンサーリンク
こんばんは、ヘル兄Rです。

12月に入って更新が少なくてすいません。m(_ _)m

 

 

・・・っても、どれだけの方が待ってるかは知りませんが。w

 

 

やはり、師走の時期って色々とありますね。

 

・・・っても、理由にはならんか。w

オンラインマラソンの結果報告もあるし、更新も頑張っていかねば。

 

 

本題に入ります。

 

 

タイトルにも記していますが、今回はこれを読みました。

「怪獣8号」5巻です。

 

ちなみに私はこの作品については単行本を楽しみにしていまして、「ジャンプ+」は読んでおりません。

なのであくまで「単行本」の感想となりますので、ご承知下さい。

 

 

今回のあらすじは・・・

 

ついにその身柄を防衛隊に拘束された日比野カフカ。

そして防衛隊史上最強と謳われ、大海獣2号の力を携えた四ノ宮長官により、カフカの処理が始まる。

「人」であることを主張するカフカは長官に応戦するも、怪獣8号の身体が制御不能になり、次第に長官の予想を超える強度を示し始める。

 

・・・といった感じです。

 

 

以上、箇条書きで感想等を。f^_^;)

 

・意外と「人がいい」四ノ宮長官。w

 

・カフカの怪獣体って大きくなるんだ?カフカがある意味抑えてるのかな?

 

・カフカの体内にいる「怪獣」のセリフ「カイジュウ・・・コロス」の意味とは?

 

・この作品の防衛隊の隊長クラスは、クセがあるキャラが多く、キャラだけではなく戦闘スタイルも特徴を振り分けてて、キャラ作りが丁寧にな印象受けますね。

 

・今後、カフカが怪獣体になった時には「ウルトラマンZ」みたいに、カフカと怪獣がやりとりをしながら戦って行くのではと思ってて、今回はそのコミュニケーションを確立するためのエピソードと予想しています。

 

・四ノ宮キコルが戦っている際の(心の中の)セリフを読んで「修羅の門」の不破北斗戦を思い出すのは私だけであろうか。w

 

・「大災害は、全ては対処可能だと我々が慢心した時、その常識を大きく覆す形で起こる」この四ノ宮長官のセリフは、今の日本が色んな意味で心得ておかなければならない事かも。

 

・・・って感じです。w

 

 

やっと書けた・・・。

 

スマホでの編集は目がキツイよ、アラフィフにはツラい・・・。w

(;ω;)

 

 

・・・っと、次巻も楽しみですね!!

 

ではでは。(⌒▽⌒)
スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村