スポンサーリンク
こんばんは、ヘル兄Rです。

 

この記事を書いているこの日ですが、本来ならば「第16回天草マラソン」に参戦していたと思うのですが、今年に入ってからのオミクロン株の陽性者数の急な増加に伴い中止となりまして、久々に穏やかな週末の休みを過ごしておりました。

あと、前の記事にも書いてますけど、左膝の腫れがと痛みがなかなか取れなくてですね・・・。

この記事もベッドに長坐位の状態で作成しております。

 

さて、明後日また通院するけど、血液再検査、どうなってるかなぁ・・・。

 

 

本題に入ります。

 

 

タイトルにも記していますが、今回はこれを読みました。

「BATMAN JUSTICE BUSTER」1巻を読みました。

 

※私はこの作品の連載は読んでおらず、単行本で初読みとなりますので、予想や感想等がリアルタイムで読まれている方からすればトンチンカンな内容に見えることもあるとは思いますが、そのあたりはご了承ください。

 

 

え?今コレ!?(;゚Д゚)

 

 

・・・って方もいらっしゃると思いますが、単純に・・・

 

 

チェックし忘れてました。
(;^_^A

 

 

このサイトでは何度もご紹介している「ULTRAMAN」「清水栄一×下口智裕」コンビで描かれる、バットマンの物語。

「DC」のロゴが入っているので、公認作品なのでしょうか?

 

 

あらすじはと言いますと・・・

ブルース・ウェインことバットマンは、ゴッサムシティの治安を守るために、今日も孤独な戦いを続けている。

しかし治安を揺るがすヴィランたちは、日に日にその性質が変化し始め、ブルースも、警察署長のゴードンもそれを薄々感じ始めていた。

時を同じくして、メトロポリスのヒーロー、クラーク・ケントことスーパーマンにブルースは「ある提案」を持ちかけられるが、正義の価値観を巡って対立してしまう。

そんな中、ブルースは目的を明かさないまま、巨大な装置を建造していた。

その名は「ジャスティスバスター」その装置の威力とは?そして名に込められた意味とは?

・・・って感じです。

 

それでは、箇条書きでいくつか・・・。

・やはりというか・・・最初から謎だらけの展開。このコンビの得意技ですね。w

・ロビンを「あんな形」で登場させたのは意外。しかしなんか「アイ○ン○ン」みたいだなー。w

・そんなロビンが「冷静沈着」すぎることが、今後も物語にいろいろと影響を与えそう?

・しかしロビンを見るブルースの眼差しは、ちょっと他の場面とは違う感じがしますね、ロビンにはいろいろと謎があるのでしょうね?

・ダニーという偽名を使うあの男の子はいったい?そしてあの「時計」は何を意味するのか?

・そして十数年前の「あの事件」を追う探偵、なぜ今でも追いかけるのか?

・この作品には早くも過去のいろんなバットマンに登場したヴィランがたくさん登場しますが・・・ジョーカーはどういう位置づけなのかな?

・ジョーカーのビジュアルには結構賛否があった・・・・かな?

・クラークが出てくるということは・・・「あのチーム」のあと4人も登場するのかな?

・あと、個人的に思うのは今回のバットマンスーツなんですけど「ULTRAMAN」のウルトラスーツとあまりデザインが変わらない感じがするんですよね。

だからどうせならデザインを・・・

コレと共通にすればよかったのにね。w

 

 

あと、余談なんですけどこの作品で初めて電子書籍を購入しました。

やはり紙媒体と比べると「手に入れた感」が薄いのは否めないかも・・・。

あと見開き読むときがちょっとめんどくさい。w

でも、かさばらないし、環境が整ってればどこでもすぐ読めるのはいいかもですね。

やり方によっては、テレビの大画面で読むことも出来ますし。

 

次巻も読んでみたいと思います。
ではでは。(‘ω’)ノ
スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村