スポンサーリンク
ROUNDの12つづきです。
前回を読まれる方は⇨コチラ
今回の大会レポについての方針は⇨コチラ

 

直前で競技中止勧告は受けてしまったが、なんとか20km地点までたどりついたヘル兄。

 

今度はリタイアバスを利用すべく、第1制限地点のある平和祈念公園へ向かいます。

なんとなく歩いているみんなを見ると、競技から解放されたからなのか、足取りが気持ち軽いように見えるのは気のせいでしょうか?

 

でもせめてここまで来たんだし、望んだ形とは違えど、まだ見たことない新しい景色を楽しむことにしよう。

 

中間地点に到着。

出来ればせめてここまで走ってたどり着きたかった・・・いや、その考えの時点で完走は無理だったのかも・・・?

私もここで自撮りしたんですけど・・・

マスクが思いっきりズレてまして、掲載は見送り。w
(^▽^;)

 

 

「制限地点まであと280m」看板が。

ここで記念に写真を撮る方も多いし、もちろん私も撮った。w

この「280m」がレース中はとても長く感じるんですよねー。
(;・∀・)

 

更に進んでいくと・・・

りゅうぎんロボだ!!

相変わらずこのバルーンも良く出来てます。

前回の大会でも言いましたけど・・・

 

プラモかロボット魂出してくれんかな・・・。w

 

更に進んでいくと、全日空ブースで給水所を提供していました。

リタイア組のランナーにも水分を提供し、拍手と激励の声援を送ってくれます。

この後、全日空のスタッフの方から声を掛けられちょっと話をしたのですが、その後何故かこちらから頼んでいないのですが・・・

 

 

写真を撮りましょう!!

 

 

・・・的な話になって、写真を撮って頂いたのですが、これについては個人的に印象深い写真なので、最終回で。
(^▽^;)

 

 

第一制限地点が見えてきた。

まるでゴールです。(;・∀・)

 

上のゲートの先にリタイアバスが待機していました。

並んで待ちます。

 

この時におなじくリタイアした男性ランナーに声を掛けられました。

その方は広島から今回参加したとのことで(以下広島さんと呼称)、私と同じく暑さにやられて、本来のパフォーマンスが発揮出来なかったとのことでした。

その広島さんが言ってらっしゃったのですが・・・

 

広島さん「私、思うんですけど、この大会って独りじゃ戦えないと思うんです。」
私「独りでは?」
広島さん「一緒に走る人とか、サポートしてくれる人とか、精神面で支えてくれる人とか、そんな方がいないとなんか頑張って走れないような気がするんですよ。」
私「なんとなく・・・わかる気がします。」

この時、胸中にふと湧いた思いがあるのですが、それも・・・

 

 

最終回で。(^▽^;)

 

 

このあと広島さんは、私が何度か他のランナーさんから「いっしょに写真を撮りましょう」と言われると「私マネージャーですから、撮りますよ。」と快くシャッターマンを引き受けてくださって、とてもいい方でした。

 

来年も参加されるのかな?その時また機会があれば来年もお会いしたいです。

 

そしてリタイアバスに搭乗。

座席に座るも、隣には女性の方がいたが、その方に私はどう見えたのだろうか?w

 

ちなみにこの時点でケンからの連絡は入っておらず、おそらくはまだ走っているのでしょう。

とりあえず、ケンに私がリタイアしたことLINEで伝える。

 

そういえば、着座して暫く経つけれどバスはなかなか出発せず「?」なんて思っていたら無線でドライバーさんが・・・

 

ドライバーさん「もう信号が変わるのを10分位待ってるんですけど、信号が赤のまんまなんですよね。(。-`ω-)」

 

なんか無線を聞いていると、いろんな面がうまくいかなくて少し混乱している様子でした。

その後バスは無事に出発しましたが、レース中の疲労が意外と大きかったのか、私は程なく座ったまま眠ってしまったのでした。
(˘ω˘)

 

 

バスに乗って1時間くらいでしょうか?

スタート会場付近に到着。

バスの中は空調が適温で快適でした。(*^^)v

 

でも、降りたところが大会のバススタッフの通称「鳥居」という場所なのだけれど、ここがどのへんなのかよくわからない。

とりあえず、荷物を取りに武道館アリーナに向かいます。

 

 

ここでスマホの「ある通知」見て、とても重要な事を思い出したのでした。

 

 

前回2019年大会で知り合った、沖縄の「レイさん」に連絡をしてなかった・・・。
(;・∀・)

 

 

 

そのころレイさんは・・・

※実際にレイさんから送られてきた写真を、今流行りのAIが写真をイラスト化するアプリを使い加工しました。w

 

40km地点で声援を送りながら、私たちを待っていたのでした。
(^▽^;)

 

 

速攻でレイさんに連絡したヘル兄なのでした。w

 

つづく。
つづきを読まれる方は➡コチラ
スポンサーリンク
<

にほんブログ村