こんばんはマコチョです。

夏本番という感じですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

私はといいますと、明日は本職は休みなんですけど、実家の仕事の関係でその会合に出なければならず、ちょっとだるいかなーと。(*_*;

なので今日はこのサイトをなるべく多く更新していきたいと思います。

7/29に長崎歴史文化博物館で開催されている「エヴァンゲリオン展」に行ってきました。

image2

今回展示は1,300点以上との事で、結構期待して行ってきました。

まずはエントランス。
人体位の大きさの初号機とロンギヌスの槍がお出迎え。
期待が膨らみます。

image3

んで、内容はと言いますと・・・

正直、思ったのとちょっと違いました。(;’∀’)

「イラスト原画展」のノリで行くと、ちょっと面食らうかもしれません。
しかしながら様々な「原画」の展示ですので、楽しみ方次第で充分楽しめます。(^-^)

イラスト原画、貞本氏の漫画版の原稿、セル画、設定資料の原画等もあるのですが、意外と少なく、展示内容の殆どはエヴァの劇中映像の「あるシーン」をピックアップして、その映像に関する絵コンテ、修正コンテ、セル原画(デジタル作成が主流の昨今、この名詞が適しているかはわかりませんが(;’∀’))等で、それらを観て、最終的に大画面で「あるシーン」を観て、作品を作る流れをある意味体感してもらうといった内容です。

なので、もしこれに行かれる方いらっしゃいましたら、その絵コンテ等を「サーッ」とみて流すのではなく、「じっくり」見ることをお勧めいたします。

「お、この画かっこいい。」って感じのやつが結構ありますし、昨今の日本アニメ作りを垣間見えることが出来ます。

当然、原画、設定資料、絵コンテ等、どれも大変貴重なものですので、これを機会に見ていろいろ感じて頂けたらと思います。

個人的にちよっと残念だったのは、おそらくはこの長崎のみの展示「べっ甲製のロンギヌスの槍」が最後にちょっとオマケのような展示だったことです。

コレ、写真に撮れなくて伝わりにくいと思うんですが、結構すごいと思うんです。
形もちょっとオリジナルのアレンジが入ったような作りでカッコいいんです。
もし、行かれた方いらっしゃいましたら、これもじっくり見てみてください。
メイキング映像も流れてますので。(^-^)

なんだかんだ書いてますけど、個人的には楽しかったんですよ。
だって、会場に1時間半はいましたから。(笑)

特に、将来的にアニメクリエイター等を目指している方、是非、見てください。

ではでは。(‘ω’)ノ