スポンサーリンク
ROUND2からの続きです。
前回を読まれる方はコチラ。

写真はホントに少なくて、わかりにくい内容になりますが、ご勘弁を。
m(__)m

佐賀県庁を回るコースに入り、第一関門も5km地点も通過し、再び佐賀県総合運動場の方面に向かいます。

周りを見渡すと私の友人たちも、ボバさんも志々雄さんも順調に走っている。
(^-^)

ダンボーは・・・発見できず。(笑)

私はジョギングや大会の時はiPodで曲をランダムで聴きながら(もちろん周辺の音、声援が聞こえるように必要最低限の音)走っています。
今回もマスクの下にイヤホンをしながら走っていたのですが、このiPodは持ち主の意を反映する傾向があるのか、この辺りの区間で必ずある曲をかけてくれるのです。

そして今年も同じ曲をかけてくれました。

その曲は槇原敬之氏の「ミタテ」

この曲を聴きながら、この通りを進んでいくと、色々と思い返したりすることがあるのですが・・・
(*´Д`)

んが!しかし!!

今年はそんな感傷に浸るのを許さないように・・・

「ライガー!頑張れー!!」

と声援が飛んでくる。(笑)

そりゃそうだ、こんな格好をしているのだから。

これは「伊万里ハーフマラソン」の写真。

 

そして、給水所に到着。

ボランティアの皆さんが頑張ってくれています。

ボランティアの皆さんがこうやって協力されているからこそ、私達は安全な環境で走る事が出来るわけです。

ホントにいつもありがとうございます。

こんな格好だからか、皆さんいつもより明らかに水分を差し出してくれる。(笑)

そして、所々で声援に応えながらハイタッ・・・

いや、違う。

ハイタッチ・・・ではない。

これは、アレだ。

ライガーボム、ロメロスペシャル、シューティングスタープレスと並ぶ、ライガーの代名詞のワザのひとつ・・・

掌底だ!!!(笑)

給水所で手を差し出して待っててくれるボランティアの皆さんの手に掌底(ハイタッチ)をお見舞いする私。

そして、この先の長い道のりも老若男女問わず、掌底(ハイタッチ)をお見舞いしていくのだろう。(笑)

給水所で水を頂き、念のため頭にも水をかける。

第2関門も通過し、10km地点も通過

時間的にはまだ余裕がある。

日差しは強めだけれど、この辺りからは風が軽く吹いて身体に心地よい。

マスクマンにはいい環境だ。
(^-^)

しかしちょっと身体に異変が。

アレ?なん身体か寒いぞ?マスクを被っているのに?
(;’∀’)

何故だ!?

つづく。
つづきを読まれる方はコチラ。

にほんブログ村 スポンサーリンク