スポンサーリンク
ROUND3の続きです。
前回を読まれる方はコチラ。

急に身体が寒くなってきた私。
特に腹部辺りが寒い。
(*´Д`)

いったいどうしたのか?

腹部を見ると、頭に水をかけた時にそのまま下に流れて、Tシャツにかかった水がなかなか蒸発せず濡れたまま残ってて、風に吹かれて冷たくなっていました。

そういえば、今日のこのTシャツ

綿100%だ。
(;’∀’)

いくら日差しが強くなってきたとはいえ、夏場と違ってやはり乾きにくくて、身体にべったり張り付く。
腹部が冷えてちょっとおなかも痛くなってきたが、それでも進むしかない。

寒さを感じるからか、ここまでの間にトイレに二回行ってます。

大丈夫かな?私。
(*´Д`)

第三関門を突破し、巨勢川調整池方面へ向かう。

あ、また指がフレームイン。
(;’∀’)

バルーンを横目に見ながら、吉野ケ里を目指します。

この辺りまで来ると、気温も上がってきたからか、Tシャツの冷たさも消え、順調なランに戻る。

ここでも地元学校の吹奏楽部の応援が。

ずっと演奏しているのでしょうか?頑張ってほしいです。
元吹奏楽部としては興味津々。

しかし、立ち止まってゆっくり見れないのが惜しい。

 

あ、そういえば忘れてました。
(;’∀’)

今回レースに臨むにあたり、私事ですが決め事がありました。それをここで紹介しておきます。

①エイド付近、写真撮影以外は基本的に足を止めない。
②会場の声援には極力応える。
③マスクを脱ぐ決断をする時にはリタイアする。

以上3点をルールに決めて臨んでおりました。

給食エイドに到着し、バナナを口にする。

しかし、食べてる途中に「これも食べて!!」と同じくバナナを差し出され、計3個食べる。
(∩´∀`)∩

ここでも掌底(ハイタッチ)の連打をボランティアの皆さんにお見舞する。(笑)

 

このあたりだったでしょうか?寒さも感じなくなり、順調に走っていると後ろから追い付かれたランナーさんから声をかけらる。

「すいません山田さんですか?」

ちなみに「山田」とはライガーの中の人「山田恵一」さんのことです。
ライガー登場当時、よく他のレスラーから「お前、山田だろ?」と言われていたと記憶しています。
当のライガーは「山田恵一はリヴァプールの風になった。」とか言ってるわけですが・・・って長くなりそうだからここでやめときます。(笑)

「あ、どーも。残念ながら、山田じゃないです。山田さんは私より10cmくらい小さいですが。」

と答える私。

すると、そのランナーさんこう答える。

「山田、私知り合いですよ。」

へ・・・?
(;゚Д゚)

マジっすか!?

「こないだ一緒に飲みに行きましたよ。」
「サインとかすぐ貰えますよ。」

なんとうらやましい!!!

こんな格好して走るのは、よく考えてみれば・・・

本家である獣神サンダー・ライガーにお伺いを立てていない。
(;゚Д゚)

なんて思っていたら・・・。

「その恰好で走るの、山田は喜ぶと思います。」

とおっしゃってくれました。

嬉しい限りです。
(^-^)

そして別れ際に言われたある意味最高の激励。

「リタイア出来ないですね。」(笑)

もちろん頑張りますとも!!
!(^^)!

決意を新たに中間地点を目指す私でありました。

 

しかし、今考えてみれば、唐突に起きた出来事に、お名前とか聞くのを忘れてしまった。

記念写真ぐらい撮ればよかったなー。
(;’∀’)

 

つづく。
つづきを読まれる方はコチラ。

にほんブログ村 スポンサーリンク