スポンサーリンク

こんばんは、ヘル兄ライガーです。

一昨日の晩に、パソコンのOSのバージョンアップがあったようなのですが・・・

それ以降、パソコンの動作が遅くなりました。

とてつもなく重たくなって、どのアプリケーションを開くときにもかなりの時間を要するようになりました。
( ;´Д`)

こりゃ、あとで色々調べないとね。

 

本題に入ります。

一昨日も同じようなタイトルでご紹介しましたが、今回もまた同じような内容です。(笑)

婚活アプリ「pairs」で会いました「業者」と呼ばれる方々とのやり取りをお送りします。

現在、婚活アプリで婚活をされている皆さんのトラブルを少しでもなくすためにも、事例として紹介したいと思います。

 

今回は、自称長崎県在住27歳既婚女性の話をします。

一昨日の昼頃に、いきなり「いいね!」が入ってきました。

しかし、そのプッシュ通知には・・・

「27歳 から「いいね!」がありました。」

つまり、ハンドルネーム設定していないんです。
“(-“”-)”

これは新しいパターン。(笑)

「あー、これはまたヤツラからの「いいね!」だろうなー。」

なんて思いながらアプリを開いて内容を確認する。

・・・すると目の前に現れたのは・・・

ものすごい美人さんである。(笑)

しかも胸元ガッツリ見せてサービス精神旺盛。(#^^#)

いくらなんでもこの写真は選択ミスでしょ?笑いしか出ない。(笑)

そして、こちらからも「いいね!」を返し、マッチングさせてやりとりを行うも、すぐさまにLINEIDの交換を提案してきた。

こちらも快く応じたフリをして、やり取りをLINEに移行する。

ちなみにLINEのプロフ写真はこちら。⇩

目にモザイクを掛けているので、ここで書くのもなんですが、目の感じからしてpairsのプロフ写真と同一の人物の様子。

相手から住んでいる場所を聞かれ、実際に住んでいる場所を答えると・・・

「すごーい、同じ場所だねー。」

なんと!この美人さんはオラが町に潜伏しているのだという!!

こんな美人さんがいるなら、オラが町の話題になってしかたありませんぜ、ホントに。(笑)

オラが町のどこに住んでいるかを聞くと「それはある程度信頼関係が出来てから。」だそうです。
コチラはハナから信頼関係など求めてませんがね。( `ー´)ノ

この美人さんは、結婚してから3年経つのだが、生活がマンネリ化してきて、通常と違うような生活を送ってみたかったらしく、「pairs」を使って出会いを求めたのだそうな。

しかし、こんな美人さんを退屈させるなんて、罪な旦那がいるもんだ。(笑)

そして「今度会いましょう。」とこちらから仕掛けると・・・

この美人さんは案の定サイト誘導を仕掛け来た。(; ・`д・´)

以下、美人さんの発言は写真にてご覧ください。(笑)

こちらが返事をしなかったから、LINEをやめるという事で次はコレ。

この時点で、私はpairsの事務局へこの美人さんを通報。強制退会となりました。
“(-“”-)”

これ依頼、LINEは来なくなりました。

しかし、LINEはやめると言っておきながら、このLINEはまだ生きていて、変更しているプロフ写真はコチラ⇩

まだ懲りてない様子、皆さんご注意を!!

あと、ひとつ補足させていただくと、最近は出会い系アプリの「pairs」の下手すりゃ営業妨害になりかねないような、悪い話題ばかり書いてますが、たまたまこのアプリで出会った方でこのような事案が多いだけで、そのような輩を見定めていけば「pairs」は比較的安心して活動できる場所です。

この「pairs」はこの手のアプリの中でも会員数が上位なので、その分こういった手口で何らかの利益を得ようとする輩も多いのではないでしょうか?

要は、こういったことがあっても「ふふーん」と虫を追っ払うように行動することが大事ですね。

 

実はあと一人、業者らしき人物がいるんですが・・・

この方の目的が未だに見えてこない。(笑)

この件も追ってレポしますね。

婚活系アプリで頑張っている皆さん、こんなことがあってもめげずに頑張りましょうね!!

ではでは。(”ω”)ノ


にほんブログ村 スポンサーリンク