スポンサーリンク

こんにちは、ヘル兄Rです。

日本列島、なかなか厳しい寒さを抜けないですね。

この数日、私が住んでいる場所でも夜の気温が氷点下って日もしょっちゅうです。

はやく春が来ないかな・・・・

日本にも・・・、そして私にも・・・

・・・おっと、話が逸れてきましたね。(笑)

今日は食玩の・・・

掌動ウルトラマンVS.5

をご紹介します。

このアイテムなんですが、ウルトラマンシリーズが本放映されていない長崎県では取り扱いが少ないのか、なかなか手に入りにくい印象があって、発売日から1週間過ぎないうちに店頭からがなくなってしまうような感じがします。

今回は「劇場版マジンガーZ/infinity」を観に行ったときに、たまたま5種類全部手に入れる事が出来ました。

パッケージは「NEW」が付いている方です。
でも、VS.4も欲しかった・・・。(´;ω;`)ウゥゥ

 

まずは、ウルトラマンジード

前から

ジードは細かい模様が多いのですが、塗装がちょっと粗いかも?
でも、頑張って塗ってるかと?

後ろ

前面で塗装が原価割れなのか、背部の塗装の省略が凄まじい。(笑)

 

ウルトラマンレオです。

前から。

シンプルなデザインだからか、塗装もちゃんとされています。

後ろから。

良く塗られています。
私が購入したのは、個体差なのか股関節がちょっと緩め。

 

そして、アストラ

前から

レオ同様再現度高し。

後ろから

左脚部の拘束具の鎖が関節に沿っており、工夫が見られます。

 

さらに、マグマ星人。

前から

これの再現度が一番高いかも。

後ろから

手首のパーツは前腕部の銀色の部分と一体化していて、丸ごと交換します。

 

そして拡張セット。

ビル群

流石にこの1セットだけでは町並みの再現はキビシイ。

 

レオキックエフェクトパーツ&スタンド。

このパーツ、もし今後ジード・ソリッドバーニングやオーブ・バーンマイトがリリースされたら、それにも使えそう。

ウルトラキー

ちょっと持たせにくい。

合体光線エフェクト。

ちょっとセッティングにコツが必要。
そして、ちょっと修正しないと光線が曲がって勢いがない。(笑)

マグマ星人の左手のかぎ爪

マグマ星人、なかなかいいですね。

ジードのレッキングバースト、エフェクトパーツ

ちょっと長さが短いのが難点。(笑)

撮影にブースを設けず、ホント軽くですが、レビューは以上です。

しかし軽くて、遊びやすく、そして良く動く。

なかなか優れたアイテムですよコレ。

そして、今回ジードが手に入ったことで、このサイトで私を演じてくれている(演じさせられている(笑))ウルトラマンさんからジードへ主役を交代いたします。

何故かといいますと、「ジード(GEED)」の名の元でもある「運命をひっくり返す」という思いにならって、45歳でまだ未婚のこの私の運命をひっくり返したいという願掛けの一種でもあります。(笑)

まあ、どーでもいいことなんですけどね。(笑)
(;’∀’)

そして、今後このサイトでの実際に写真に収める事が出来ない場面などは、この「掌動ウルトラマンVS.」シリーズを中心とした人形劇で再現していきたいと思います。(笑)

ヘル兄Rブログ劇団第一期メンバー記念写真。(笑)

しかし、この劇団には問題がひとつ・・・

女性役が出来るメンバーがいない。(笑)

なんかいいアイテムないかな?

・・・ってなワケで今後とも、このサイトをよろしくお願いいたします。
m(__)m

・・・って、なんだろこの終わり方。(笑)

ではでは。(‘ω’)ノ

 


にほんブログ村 スポンサーリンク