スポンサーリンク

この物語は「40代で未婚の男性が4年後に結婚する確率は3%(所説アリ)」というこの絶望的な数字を打破するべく、「ウルトラマンジード」の星雲荘の仲間たちのように、運命をひっくり返そうと抗い続ける、冴えない40代男の物語・・・

・・・なーんて書いてますけど、要は結婚し損ねているオッサンがバタバタしている話です。(笑)

 

前回の話を読まれる方はコチラ。

 

昨日の朝にiPhoneでスケジュールを確認すると、母の誕生日を知らせてくれていました。

その日も私は本職が仕事で、業務終了時間は遅かったのだけど、最寄りのケーキ屋さんの営業時間になんとか間に合い、ショートケーキではあるけれど、数個買って家に帰りました。

特に母の誕生日だからと祝いの雰囲気でもなく、親父と母と私と3人で世間話をしながらケーキを食べた。

そんな普通よりほんのちょっとだけ特別な雰囲気で両親と会話をしていると、改めて・・・

 

両親も歳を取ったなー・・・

 

と思いました。

そしてそれは私自身も歳を取っていることを意味してるのです。

母は誕生日を迎え66歳、親父は来月71歳、そして私は45歳。

母が私の年齢の時は、私は25歳。

両親から見れば・・・

「コイツはホントに何をやっているのだろう?」

と思っている事でしょう。(笑)

母が知り合いとの話で、私が独身であることの話題になると「結婚なんてのは縁だからねー・・・」と母は言っているが、「ホントのところはどう思っているのだろうか?」と、気になるところでもあります。

そして時折、言葉にはしないものの「最後の孫を見たい。」という何らかの意思表示も感じる事があるのです。

ホント・・・

・・・って、ケーキを食べながら改めて考えてしまいました。

(ウチにはネコはいません、念のため。(笑))

 

こんな私でも、せめて人並みに家族を持てるように、そして親の期待に応えなければならないなぁと、改めて実感いたしました。

そういえば今年に入って、婚活を行うにしてもなかなか休日のスケジュールが合わず、たまに休みでもイベントの対象年齢ではなく、婚活が全く出来ない状況でしたが・・・

 

ちょっと足掻き方が足りんかも?

って思いました。(^^ゞ

それで、今度の夜勤明けの日に、ちょっと体力的にはキツくはありますが、強引にイベントに参加する事にしました。

しかし、今回のイベントは問題がひとつ。

それは・・・

 

「スポーツしながらの婚活」がテーマのイベントなのです。

 

ここの常連さんは既に周知の事実とは思いますが・・・

私、運動神経メッチャ悪いんです。(笑)

 

でも・・・

ですからね。(^-^)

 

どうせ不得意なジャンルです。

ガンガン足掻いてやりましょう!!

 

この続きはイベント終了後にアップしますね。

つづく。
つづきをご覧になる方はコチラ。
<

にほんブログ村

婚活ランキング
スポンサーリンク