スポンサーリンク

 

この物語は「40代で未婚の男性が4年後に結婚する確率は3%(所説アリ)」というこの絶望的な数字を打破するべく、「ウルトラマンジード」の星雲荘の仲間たちのように、運命をひっくり返そうと抗い続ける、冴えない40代半ばの男の物語・・・

 

・・・なーんて書いてますけど、要は結婚し損ねているオッサンがバタバタしている話です。(笑)

 

前回の話を読まれる方は⇨コチラ

 

婚活アプリで知り合った女性が同じ市内にいる事がわかり、早速顔を合わせる事となり、連絡先も交換するに至ったヘル兄R。

 

婚活アプリで知り合った方と会うのは初めてだったので、正直ちょっと浮かれ気味の私。ww
(#^.^#)

 

連絡交換の場がLINEに移行してからも、やり取りは順調に続く。

 

私は本来「人見知りで話すのが下手」なのです。

 

そんな私を相手の女性は「おっさん」と呼ぶ。ww

 

ちなみにここからは相手の女性の方を「ツインテ」さんと呼称します。

 

呼称の意味は・・・特になし。ww

 

そんなおっさんがここまで順調にやり取りが出来ているのは、相手の方と話が合う事と、ツインテさんが積極的で、私の中の引き出しを開けるのが上手だからなのかもしれない。

 

そんな初めて顔を合わせてから二日後の事。

 

本職が夜勤明けだった私は、朝帰宅し、とりあえず寝て12時ごろ起きる。

昼飯を食べようとしたら、ツインテさんからのLINEの音が鳴る

 

その音はメールではなく、音声通話の呼出音。

 

 

ツインテさんはその日休みだったようで、電話したくなってかけてみたとのことでした。

実際に声でコミュニーケーションを取っても、会話は途切れることなく進む。

出会って間もない人と電話とかで話をする時に、沈黙で放送事故になりやすい私にとって、コレは珍しい事なのでした。

 

若干、ツインテさんの話し方や性格が荒い感じではあるけれど、会話しててもすごく楽しい。
(*^▽^*)

 

しかし、何故だろうか?

 

なんか、形容し難いのだけれど、気のせいかもしれないけれど・・・

 

 

なんとなく寂しそうな雰囲気を感じる。

 

 

そんな会話の中・・・

 

ツインテさんから「ちょっと提案がある。」と言う話になる。

 

「ん?なんでしょか?」って軽い感じで応じる私。

 

そのお願いとは、「今から会いませんか?」とのことで、会ってから・・・

 

 

 

 

「いろいろと確かめたいことがある。」

 

 

 

 

という提案だったのでした。

 

 

いろいろ・・・?

 

 

その「いろいろ」を確認してみる。

 

 

すると・・・。

 

 

「えええええええええッッッッ!!!?」
Σ( ̄□ ̄|||)

 

 

ちょ、ちょ、ちょ、ちょっと待ってくれッッ!!!
(;”∀”)

 

 

それはいくら何でもまだ時期尚早ではないのだろうか?

 

といった内容。

 

「まだ早いのでは?」と話すとツインテさんは理由を話してくれた。

 

理由はあまりココには記することは出来ないのですが、端的に書けば「後から色々悩まないように。」といった感じ。

 

それを踏まえて、考えてみる…

 

・・・

 

 

・・・・・・・

 

 

・・・・・・・・・・・ウーム・・・

 

 

 

私「・・・わかった、とりあえず会いましょう。」

 

 

 

 

昼飯をさっと食べて、準備をして、三代目流星号を起動させる。

 

この日の私が住んでいる地域は大雨特別警報が発令されていて、私が家を出る時も物凄い勢いで雨が降っていた。

 

 

思わず・・・

 

「何かが「行くな」って言ってるのかなぁ。」

 

とつぶやく。

 

 

待ち合わせの場所まで三代目流星号を走らせる。

 

 

色々考えながら、待ち合わせ場所に向かう。

 

それでも、それでもなぁ・・・。
(*´Д`)

 

考え悩むが、結論は出てこない。

 

 

次第に雨は小さくなり、待ち合わせの場所に着いた時には雨は止んでいた。

 

そこには、この間のコンビニ前で出会った時と同じく、シュッとしてスマートな感じのツインテさんがいた。

 

流星号に気付いたツインテさん、まだ意を決していない私の心中を知らずに、助手席に乗ってきたのでした。

 

つづく。
つづきを読まれる方はコチラ。

にほんブログ村 スポンサーリンク