スポンサーリンク

 

本日から数回に渡り「第13回天草マラソン大会」に参戦したレポートを連載していきます。

 

いつもの如く、乱筆&センスなき写真盛りだくさんでお送りします。ww

 

 

時は、2019年1月26日(

 

ニュースや天気予報では「今年一番の寒気が日本列島にやって来る」と騒いでいたこの日。

 

私は職場の業務もスムーズに処理出来て、珍しく順調に退社し三代目流星号を走らせる。

そして予定通り、フェリー乗り場にやってきました。

口之津港の島鉄フェリー乗り場です。

 

乗船手続きを済ませて、車両乗り入れを待ちます。

 

この時から、私は「ある事」を気にかけておりました。

 

そういえば、今回も参加する「第13回天草マラソン大会」は、前日と当日の受付があるのですが、地理的にフェリーを使わねば天草に行く事が厳しくなる、私達にとってはその「受付」が一番のネック。

前日に天草に赴き、受付を済ませておかないと、当日では大会のスタートのホントにギリギリにならないと準備が完了しないのです。

 

それで今回は合計6人分の受付を行うため、例の如く私が前日に天草に向かっておりました。

 

 

でも気にかけているのは、この事ではありません。ww

 

 

フェリーへの乗船時間となり、車を乗り入れて、乗客席へと階段を上る。

 

今年もこの出発前の風景を見る事が出来ました。

今年は「世界遺産登録」の看板が掲げられているのが、昨年までと違うところです。

 

 

船が出発し、客席に入ります。

お客さんは私と同じく、マラソン大会に参加すると思われる方が殆どの様です。

 

 

約30分程でフェリーは天草の鬼池港に到着、車に戻ります。

私は船旅の一番好きなのはこの時です。
なんかホワイトベースのカタパルトから発信するようなこの雰囲気がメッチャ好きです。ww

(と個人的に勝手に思っている、ww)

 

 

フェリーが港に接岸完了し、天草へ上陸。

 

 

鬼池港に到着したのは18:15頃。
前日受付の終了は19:00。

 

あまりゆっくりは出来ない、急がねば。

 

 

20分程で受付会場の天草市民センターへ到着。

もうすっかり暗くなっています。

 

受付する人数も多いので、急いで受付に向かう。

 

受付会場は体育館。

今回は私達のチームでは私を含めて6人参加。

私はハーフに参戦して、あと5人はフルに参加。

 

何とか受付を終えるが、6人分になると重い・・・。
(;´Д`)

それを見てかわからないけど、この大会の目玉「選べる参加賞」の受付の方が「大変そうね、これ持って行かんね。」と天草名物のお菓子「こっぱ餅」を一つくれました。
(※もちろん、サンプルで置いてあった賞味期限が極端に近い、売り物や参加賞には使えないヤツです。)

 

ホントありがとうございます!

 

貰ったからではないけれど、この温かい雰囲気が、天草マラソンの魅力のひとつです。

 

受付会場には、今までの大会の歴代Tシャツが展示してありました。

この時に、そういえば「福岡マラソン2018」に参戦したときに、赤地にアルファベットの「A」のTシャツがどこのTシャツだろう?なんて思ってましたが・・・

 

第12回天草マラソン大会のTシャツであることが判明する。
(;’∀’)

 

 

なんだよ・・・オレ、持ってるじゃん・・・。

 

そういえば昨年のグッズはあまりちゃんとチェックしていなかった・・・反省・・・。
(;’∀’)

 

受付を終え、車に戻っていく途中、昨年購入した・・・

この「牛乳くんかりんとう」が美味しかったので、また買いたかったんだけど、受付に来た時間が遅かったからか、もう業者の方がいない様子でした。

(写真は昨年の物です。)

 

 

天草市民センターの駐車場にはイルミネーションが飾られていました。

キレイで心が和みます。(^-^)

 

 

受付を終えると、もう時間は19:00を過ぎていました。

 

 

そういえば、もう始まってるんだよな・・・。

 

 

と思いながら、三代目流星号を宿泊先へと走らせる・・・

 

 

・・・って、気にかけている事に触れずに終わっちゃうよ!!
Σ( ̄□ ̄|||)

 

 

つづく!!

 

つづきを読まれる方は⇨コチラ

 


にほんブログ村

 

スポンサーリンク