スポンサーリンク

 

ROUND3の続きです。
前回の話を読まれる方は⇨コチラ。

 

 

スタート5分前。

この時、ある方から声を掛けられる。

写真には撮ってませんが、その方は地元天草の方で、髭が似合うイケメンのランナーさん。

どう見ても走るのが早そうな人なのだが、なんで最後方から走るのかと尋ねると「追い抜いていく感じがいいので」的な事を言われていました。

 

この方なら、目標タイムのスタートエリアから走れば、結構いいタイムになるのではないのかなーと思いましたが、走る気持ちは人それぞれですし、なんと言っても楽しまれている様子でした。

 

私もライガーの恰好をして走るのは正直苦しいんですけど、本来は余暇時間である日曜日に開催地の市民の皆さんが応援してくれたり、ボランティアで参加されている皆さんに「ちょっとでも楽しめる要素があれば」と思い、「指差されて笑われて本望」くらいの気持ちで走っております。

 

それぞれ色んな気持ちで走っているのだろうなー、なんて思いました。
(^-^)

 

そんなしていたら、スタートのアナウンスが。

最後方のスタートエリアはまずは歩いて進んで、進行方向が開き始めたら徐々にみんな走りはじめます。

 

最初は本渡陸上競技場周辺の町並みをグルっと回るようなコース。

 

スタート直後にこの方に出会う。

ミニーさんだ!!

 

この方はコスプレランナーの歴戦の勇者と言っても過言ではない方。

この格好でフルマラソン走られますからね。

しかも早い!!(゚Д゚;)

 

快くポーズを取っていただきました。

 

本渡市街を進んでいきます。

 

ホント、このスタート直後は快晴のいい天気。(^◇^)

気温もちょっと冷たいくらいで走れば心地よいかもです。

 

しかし、ミニーさん、タイガーマスクさん以外にコスプレランナーが見当たらず、ちょと寂しいかも?

少なくともこの辺りには全然見当たらない。(;’∀’)

 

日差しが強くなってきた。

実はここまで見事に晴れると、私の着用しているマスクは、目のメッシュ部分で日差しが乱反射してちょっと見えにくくなります。

見えにくいぶんだけ周辺に気を配りながら走ります。

 

ココでコスプレランナーと背中に特徴あるランナーを発見。

白いハチマキに全身白装束、そして背中に書かれる「体力、氣力、努力」から気合の入り方がうかがえる。

そして中央のピカチュウの被り物に「TEAM学校事務」のTシャツの女性の方が。

しばらくこの「TEAM学校事務」さんのグループと近づいたり離れたりして走る事に。

 

 

市街地を抜け、しばらくアップダウンが続くコースが続きます。

 

ここで一旦右側にヤシの木や海が見える風景が広がります。

 

そして、この風景を抜けるとこの先に少しキツめの坂が待っています。

 

どんどん上っていきます。

坂がキツイからか、この坂で歩かれる方もチラホラ。

 

しかし、毎年書いてますけど、この坂道が正体を現すのは・・・

 

復路の時です。(;´Д`)

 

坂を上っている間に5km地点を通過。

今のところは順調だ。(^◇^)

 

つづく。
つづきを読まれる方は⇨コチラ

 


にほんブログ村

 

スポンサーリンク