スポンサーリンク

この物語は「40代で未婚の男性が4年後に結婚する確率は3%(所説アリ)」というこの絶望的な数字を打破するべく、鉄のオルフェンズの鉄華団のように、もがき、あがき、抗い続ける、冴えない40代男の物語・・・

 

なーんて書いてますけど、要は結婚し損ねているオッサンがバタバタしている話です。(笑)

 

前回の話をご覧になる方は⇨コチラ。

 

婚活のジャンルについては久々の更新になります。

 

・・・ってかですね「今年は隔日で更新していきます」と言っておきながら、ほぼ毎日更新してますが、なんでかと言いますと・・・

 

 

最近の当サイトのアクセス状況を見ると・・・

 

 

プラモ工房を一刻も早く再開しなければならないと感じたからであります。ww
(;’∀’)

 

最近、本職もけっこう忙しく、なおかつココの更新作業、そして「練習も再開」しなければならないで、積んでいる記事ネタだけでも消化して創作の環境を作らなねば・・。

 

 

・・・ってなワケで本題に入ります。

 

 

とっちゃんの奥さんの紹介で、女性を紹介してもらう事になった、ヘル兄R。

 

新年も明けて間もないある日に、飲み会が設定されました。

 

この日の私は仕事終了後に参加する形になっており、仕事を終えて、会場のオラが町の居酒屋へ向かう。

 

店に着くと私以外はみんな揃っており、新年のあいさつと「はじめましてー」なんて言いながら席に着く。

 

私の前の席に座っている方は、今回紹介された名前は・・・えーと・・・カーさん。

・・・と言っても、平泉成氏のセリフではない。ww

 

その方はショートカット・・・いやショートボブ?いやボブ?それともそれ以外の髪型?の似合う方。

(このような女性の髪形の種類もろくに知らないのも、私が女性ウケが悪い要因の一つかもしれん・・・。)

 

色々と話をしてみる。

 

言葉使いに地元っぽさを感じないなぁ・・・と思ったら、過去に結構な期間、東京で働いていたのだそうだ。

私は基本的に初対面の方と話すのあまり得意ではないんですけど、とっちゃんの奥さんの援護射撃がうまく、なんとか会話を繋げていく。

 

その中で、私が時々旅行に行くって話になった。

台湾に行った話をして、その際に「今でも毎日LINEをくれる台湾の知り合いがいて、こちらが返事をしなくてもいろんな写真やメッセージを送ってくれる。」と話すと・・・

 

 

「えー!?毎日メッセージなんてそんなの耐えられない!!」

 

 

・・・とちょっと意外な反応が返って来た。

 

これって・・・

 

 

あまり知り合いじゃない方とは、毎日連絡は取りたくはない。

 

 

・・・という意味なのだろうか・・・?

 

うぬぅ・・・連絡先を交換していいのだろうか・・・なんかハードルがたかいなぁ・・・
(;´Д`)

 

みたいにNHKドラマ10「トクサツガガガ」の登場人物のように悩む私。ww

 

 

でも飲み会の終了後、ダメもとで連絡先の交換を提案すると、あっさりと快諾してくれました。ww

 

 

でも、毎日連絡が嫌なのかなあ?と思い、必要以上はあまり連絡をしてない私。
(;”∀”)

 

これが功を奏すか否か・・・?

 

でも、連絡を時々取るうちに、食事に行こうという話になり、スケジュールを合わせる事になったのでした。

 

連絡あまりしたくないってのは、取り越し苦労だったのかな・・・?

 

つづく。
つづきを読まれる方は⇨コチラ

 


にほんブログ村

 

スポンサーリンク