スポンサーリンク

 

第21話の続きです。

 

前回の話を読まれる方は⇨コチラ

 

後輩(以後KZ郎と呼称)から飲み会参加のオファーがあったヘル兄R。

 

 

その飲み会当日の事。

 

 

飲み会の場所へ向かいながら思っていた。

 

そーいえば飲み会がある事だけは聞いていたものの、どんな人たちなのかはKZ郎に聞いてなくかったなー。

 

 

どんなメンバーなのかな?

 

 

お店に着いてそのメンバーの一人をみて・・・

 

 

なんだ、君か。ww
(。´・ω・)

 

 

・・・と思わず言ってしまう。ww

 

その女性は実際に中学校の後輩にあたる女性で、私も知り合いの方で後輩Mと呼称します。

 

いきなり挨拶が・・・

40代の挨拶じゃないでしょコレ。ww

この後輩M、結構天然が入っております。(;・∀・)

しかし、この後輩Mと付き合うという事はまずない。

 

嫌いとかそういうのではなくて、ちょっといろいろと理由がありますが、コレについては省略ww

 

 

そしてもう一人女性はその後輩Mの元職場の同僚で、現在は無職。

なので無職さんと呼称。ww

 

 

しかしこの無職さん・・・

 

 

結構可愛い感じの方なのです。
(#^.^#)

 

 

おおー、この私にいい機会を与えてくれたなー。

 

乾杯して、いろいろ話をしていく。

 

しかし無職さん、なんか時々私達の会話について行けてるような行けてないような?

 

なんとなく明らかに世代差がありそうで、無職さんに失礼かもしれなかったが・・・

 

 

「歳、おいくつですか?」

 

 

と尋ねてみると・・・

 

 

なんと30代の前半である。

 

 

わ、若い・・・。
(;・∀・)

 

若そうだと思ってはいたけれど、ホントに若いなー・・・

 

後輩MもKZ郎も、そして私も40歳オーバーなので、そりゃ世代差感じるかもね。

 

初めて買ったCDとか、好きなマンガ、見るアニメ、好きなアーティスト、高校の時に流行ったのも等、いろいろと話題を出してみんなで答えていくと・・・

ここまで違う物なのか?

 

・・・と再認識させられる。
(;’∀’)

 

自分が思っている以上に、40代って、30代以降の世代から見れば爺さんなのかもしれんのう・・・。

 

連絡先とか聞いたら、気持ち悪がられるかもしれんなー・・・。
(;´д`)

 

 

いや、まてよ。

 

 

そもそもこの飲み会はKZ郎から話が来たものの「私に紹介したい人がいる。」なんて感じではなかったし、もしかしたら・・・

 

KZ郎に無職さんを紹介するための飲み会で、私は引き立て役なのかもしれない。

 

 

・・・だとしたら、私はあまり出しゃばってはいけないのかもしれない。

 

 

なんて、思いが頭をよぎって、少し遠慮してしまう。
(ーー;)

 

 

そんな中、ダイエットの話になり・・・

 

「ヘル兄さんも走っているし、私達も走ってみようか?」って話になった。

 

どこまで本気かわからないけど、ここである提案を試みた。

 

「ジョギング練習とかのLINEのグループトークを作ってみたらどうかな?そしてそれぞれが練習する日に「今日練習する人!」的な感じでLINEして、時間が合えば一緒に練習したりする。」

 

・・・というのを案として出してみた。

 

すると・・・

 

 

イイですね!!

 

 

って話になり、グループトークを設定し、後輩Mと無職さんのLINEもGET出来たのでした。
(^-^)

まあ、「連絡先が欲しい」とかそういう下心があったのも否定はしないけれど、そもそも知り合いも増やしたいし、これからまたマラソンの練習をやるにあたり、一緒に練習できる仲間をもっと欲しかったのも事実。

 

そう意味では今回の飲み会は良かったかな。
(∩´∀`)∩

 

飲み会が終って、数日後・・・

 

「今日、練習やるよ」

 

・・・ってLINEを何度かやるも・・・

 

 

一度も集まった試しナシ。ww
(;・∀・)

 

 

まあ、ぼちぼち行きましょ。

 

つづく。
つづきを読まれる方は⇨コチラ
<

にほんブログ村

婚活ランキング
スポンサーリンク