スポンサーリンク

 

こんばんは、ヘル兄Rです。

 

先程まで、部屋に侵入した羽アリを、殺虫剤と我が愛刀・風林火山で退治しておりました。

 

 

ちなみに、わが愛刀、風林火山はコレ。ww

まあ、フツーのハエ叩きです。ww

 

我々の世代は、木刀等の得物を手にするとその得物に「風林火山」と名付けたくなるはずである。

 

 

・・・多分。
(;’∀’)

 

 

あ、そうでした、今日お送りするのは・・・

HG 1/144 グレートマジンガー(マジンガーZ Infinity Ver.)の進捗状況でした。

 

前回の話を読まれる方は⇨コチラ。

 

 

今日は、なぜ記事冒頭のような事になったのか?その顛末を話していこうと思います。

 

 

その前に、まずは前回話をしましたガンダムカラースプレー・MSレッドで塗装したスクランブルダッシュトブレーンコンドルはコチラ。

 

 

 

話は戻って、この記事をアップする二日前の事・・・

 

 

トップコートまで終えた各パーツに、エナメル塗料のガンメタルで細かいところの塗装を行っていました。

 

まずはこのように手のパーツの関節部に塗装を施し・・・

 

その後、前腕部、下腿部にも同様に塗装を施して、はみ出た部分を薄め液で拭いてみると・・・

 

 

塗膜が剥げて、下地があらわになってしまう・・・。

 

なーんてこったぁッッ!!byタシロ艦長。

ホント、思わずこれを叫んでしまった私。ww

 

 

うぬう、トップコートの吹き付けが足りなかったか・・・
いや、そもそもの塗膜が薄かったのかもしれん。
その前にエナメルは浸透しやすいから、注意して塗装をせにゃならん、そのことを忘れていた・・・。

 

私も功夫が足りん。
(≧◇≦)

 

まあ、手首パーツは全部無事だったのでそれは良かったと前向きに考えよう。ww

 

 

塗膜が剥げてしまったパーツのエナメルの乾燥を待って、リカバリー塗装を施す。

 

うお、物置から出したばかりの扇風機が汚い。ww

 

 

そして翌日。

 

19時30分ごろに本職の仕事から帰って来た私は、夕食を摂った後に自室で、リカバリー塗装を施したパーツにトップコートを施しました。

 

窓と網戸を空けて。

 

作業を終えて、ベッドに寝転がって天井をみると・・・

 

部屋の照明におそらくは50匹以上いると思われる羽アリの大群が。
(@ ̄□ ̄@;)!!

 

しまった、オラが町は時期的にこの季節はこいつらが大量発生するんだった・・・

(写真に撮りましたが、ちょっと虫嫌いにはたまらん画像になったので自粛。ww)

 

こうなったらしかたがない、徹底抗戦である。

 

 

もうノリ的には・・・

 

 

「エアリーズ50!キャンサー20!私の命の見積もりが甘かったことを、証明してみせなくてはな!!」

byゼクス・マーキス(新機動戦記ガンダムWより)

 

・・・って勢いで、羽アリを撃墜していくのでした。
皆さんも夜間のプラモ作業で窓を開ける際には充分気を付けましょう。ww
つづく。
つづきを読まれる方は⇨コチラ。

 

スポンサーリンク
<

にほんブログ村

模型・プラモデルランキング