スポンサーリンク

 

ROUND5のつづきです。
前回を読まれる方は⇨コチラ
今回は・・・

・・・について書いていきます。

 

 

28.8km地点を通過したヘル兄R。

 

 

愛野記念病院の前を通過。

この愛野記念病院付近は、このコースの中でも大きな坂が2か所ある部分でして、もしマラソン大会が開催されるとしたら、この付近が一番の難所になると思われます。

 

 

この辺りからは多少の高低差はあるものの、坂道と言えるものは殆どなくなります。

 

 

この三叉路を抜けると再び諫早市に入ります。

 

 

諌早市は森山町に入り、ここからはほぼ道なり一直線にトランスコスモススタジアム(以下トラコスS)に向かいます。

 

この辺りから結構雨も本格的に降って来て、諫早に入る前にアメダスを見ていたのですが・・・

どうやら今後雨は本格的に降りそうです。
(>_<)

 

 

歩くのは順調に進んでいますが、日曜だからか車道を通っている車は渋滞気味。

 

 

先程、トラコスSまで一直線・・・なんて書きましたが、このあたりで給水所に向かうため、左に曲がります。ww

 

ココを進んでいくと・・・

道路の両端の稲穂が絨毯みたいでいい感じです。

 

 

第10給水所(31.3km地点)に到着。

 

ここではマンゴー味(だったと思う)のアミノ酸飲料と、オレンジゼリーを頂く。

アミノ酸と糖分が身体に沁みる・・・。
(*´Д`)

 

 

ちょっとだけ休んで再びコースに戻ります。

 

 

この辺りからはホントに道なりに進みます。

 

 

途中で「中古サッシ」の看板を見かけるが・・・

店舗は・・・ドコ・・・?ww
(。´・ω・)?

 

 

ここは諫早市が出している給水所のようでした。

ここでは水を一杯頂く。

 

 

実は今回スタートから5時間経過したくらいから、さらに頑張れるようにいつも使っているiPod nanoを使用して音楽の力も借りていたのだけれど、今回・・・

 

1時間足らずで充電が切れてしまう。
Σ( ̄□ ̄|||)

 

私が使っているiPod nanoはこのタイプで、結構古い。

これを使い始めてからほぼ8年・・・

そろそろ使用限界なのだろうか?

でも、iPhoneの用のモバイルバッテリーを準備していたので、それに接続して再起動。

再び音楽にも背中を押されながら歩いていく。

 

 

しかし時を同じくして私の身体にも限界が見えてくる。

下半身のあちこちに本格的に痛みが出て来て、特に左臀部~左大腿部付近の痛みが激しくなってきた。

 

うわ・・・これはキツイぞ・・・
(;”∀”)

 

 

そう思いながらも、先に進んでいく。

 

島原道路も結構出来て来たねー。

コレが南島原市までつながってくれれば最高なんだけどねー。
(*´Д`)

 

 

第1回大会のウルトラウォーキングの際には、あまりの暑さだったからか、この辺りまで来ると参加者もまばらな感じだったのですが、今回は「ある意味で」天候が恵まれているからか、多少列は間延びしても人の列が続いています。

 

ちなみに下の写真が第1回のウルトラウォーキング時の同じ位(一時間位前後してるかもしれませんが)時間帯の写真。(ちょっと指がフレームインしてますが。ww)

ぜっんぜん違う。ww
Σ( ̄□ ̄|||)

 

第1回はホント辛かったですもんね、大げさかもしれませんが・・・

 

 

後半はマジで「死ぬかも?」と思いましたから。ww

 

 

この辺りくらいには、雨も本格的に降り始めて、水たまりも出来はじめています。

 

森山駅入口付近を通過。

 

 

第11給水所(33.1km地点)に到着。

 

ここではスポーツドリンク&梅干しと、雨は降ってましたが動き続けているからか身体は熱かったので、氷袋も頂く。

 

足腰が悲鳴を上げていて、ここで座ってしまったら立てなくなりそうな気がしたので、立ったまま3分位休んで、先を急ぐ。

 

そういえば書き忘れてましたが、私は今回のレース中に一度も地面に腰を下ろしていません。

 

それはある目標があったりもしたのですが、それについてはもう少しあとで書きます。

 

この辺りから、路側帯や歩道にグレーチングが多くなり、濡れていると足が滑ったり、小さな溝に足を取られる事があるので、足元をよく見ながら歩きます。

 

 

第12給水所(34.6km地点)に到着。

ここでは暑さ対策でミストゾーンが設けられていたが・・・

 

雨が降っているからか利用が少ない。
(;’∀’)

 

でもせっかくなので私は通ってみた。ww

 

ミストゾーンを通ってテント内に入ると、いろんな諫早市の施策(?)的な見出しが並んでいましたが・・・

あまり言いたくはないですが・・・

 

 

参加者目線からすれば、とてもじゃないですが、体力的にも精神的にもこういったものは見てる余裕はありません。ww

 

 

実際にここを通過した人は殆ど見てませんでした。

もう少し序盤の給水所だったり、グルメステーションなら、栄養摂取しながら見てたかもしれないけどね。

 

ここでは飴を二つ頂いて通過。

 

 

この給水所を抜けてしばらく歩くと・・・

車道が二車線に広がる路線(小野町付近?)に到着する。

 

ここまで来たらゴールは近い!!

 

しかし、身体は限界に近い状態・・・行けるのか・・・?
(;’∀’)

 

つづく。
つづきを読まれる方は⇨コチラ
スポンサーリンク
<

にほんブログ村