スポンサーリンク

この物語は「40代で未婚の男性が4年後に結婚する確率は3%(所説アリ)」というこの絶望的な数字を打破するべく「ウルトラマンジード」の星雲荘の仲間たちのように、運命をひっくり返そうと抗い続ける、冴えない40代男の物語

 

・・・なーんて書いてますけど、要は結婚し損ねているオッサンがバタバタしている話です。(笑)

 

前回の話を読まれる方はコチラ。

 

新型コロナによる緊急事態宣言の影響が婚活にも及ぶこととなり、ケンの彼女さんから女性を紹介してもらう飲み会を会場設定していたエリアに新型コロナ感染者が確認された為、中止にしなければならない状況となってしまった。
(´;ω;`)

 

しかしその日のは休日を取っていたので、ケンとその彼女さんと私の3人で軽く食事をしようという事になった。

 

会場は私が住んでいるエリアの某レストラン。

 

※もしかしたら、こんな時期に「食事とかってどうなのよ」って話をあるとは思いますが、その店では・・・

➀消毒用アルコールを設置

②体調確認

③窓を開けて換気

④座る席はソーシャルディスタンスを保っている

⑤最大収容人数を1ケタ台に調整。

 

・・・等の感染に配慮してあり、私達もマスクを付けたり、対面で座らない等の対策をして会食に臨みましたのでご了承ください。

 

 

そんな状況ではありますが、色々話しながら食事をする。

 

ケンの彼女さんと会うのはこれで2回目。

 

話も色々と弾んだ・・・と思うけど、どうだったかな?

 

色々と楽しい話は出来たのかなーと。

 

そんな中、私がどんな流れでこの事を話したのかは定かではないんだけど・・・

 

私「昔、母が「あそこのおじちゃんのとこには行ったらいかんよ。」と言っていたおじちゃんに私はなってるんだよなー。」

 

・・・って話したのでした。

 

 

その「おじちゃん」とは・・・

 

イイ歳してオタク的な知識に長けてて、身なりがそこまでキレイじゃなくて、しかも独身の男性

 

・・・的な感じの人。w

 

昔、そんな存在のおじちゃんが近所にいて、その人は「プラモデル」が好きな人で、戦艦のプラモデルをよく作っていた。

身なりは坊主頭で、肌着とステテコでいる事が多かったかな?

そういえばこの方は仕事は何をしてたのだろう?
(;’∀’)

 

 

冷静に考えると・・・

 

 

今の私はまさしくこのような存在だよな。w

 

 

そりゃ、親も心配するわなー。
(;´∀`)

 

私「そんな私なのだから、なかなかイイひとも見つからんのかもねー。」

 

なんて話すと・・・

・・・って、雰囲気にしてしまった。

(今思うと、ちょっと申し訳なかったなー。)

 

まあ「自覚してるなら、そのあたり自分でどうにかしなさい。」って話にはなりますよね。w

 

ケンは「その得意な知識は無駄じゃないと思いますし、オレは好きですよ。」と言ってくれました。

 

 

しかし。47歳でそんなキャラクターではどう考えても・・・

 

女性ウケは悪いっすよね。w
(+_+)

 

でも、今まで色々試行錯誤をしてきたけれど・・・

 

ここでも何度か書いていると思いますが・・・

 

 

もうこのスタイルは変えれないでしょうな。w

 

理解がある人を探すか・・・
同じカテゴリーの女性を探すか・・・w

婚活イベントに参加しても結果が出ない。

そんな婚活のイベントも新型コロナで現在は殆ど中止状態。

現在の社会情勢では他の婚活方法を試してみてもちょっとキビシイ。

婚活アプリでも結果が出ない。

通常の生活の中でも出会いがない。

もっと言うと、10年もパートナーが出来ていない事もあって、ちょっと諦めかけている部分もあるし・・・

 

そんな生活の中で、ちょっと卑屈になってるかもしれないなー。

 

でも今は、新型コロナで耐える時期か・・・。
(´;ω;`)ウゥゥ

 

 

マラソンだけではなく、婚活の方も新型コロナ終息後の為に、今は色々と準備期間なのでしょね。

そう思って耐えるしかないっすな・・・。
(;’∀’)

 

 

そういえば・・・

 

でも、今記事を書いてて気づいたんだけど、私って昔の「行ったらイカンおじちゃん」より・・・

 

 

明らかに年齢が上なんだよな・・・
(;’∀’)

 

ホントに何とかせにゃならんな・・・。

 

つづく。
つづきを読まれる方は⇨コチラ

 

スポンサーリンク
<

にほんブログ村

婚活ランキング