スポンサーリンク

 

この物語は「40代で未婚の男性が4年後に結婚する確率は3%(所説アリ)」というこの絶望的な数字を打破するべく「ウルトラマンジード」の星雲荘の仲間たちのように、運命をひっくり返そうと抗い続ける、冴えない40代男の物語

 

・・・なーんて書いてますけど、要は結婚し損ねているオッサンがバタバタしている話です。(笑)

 

前回の話を読まれる方はコチラ。
あら、これはどがん話やろか?最初から読んでみゅうかね?って方は⇨コチラ。

 

 

前回の話から月も変わり、更に梅雨の季節になって幾日経過したでしょうか・・・?

 

梅雨前線が全国で猛威を振るっている毎日が続く。

 

 

そんな中・・・

 

 

ケンの彼女さんから女性を紹介してもらう飲み会の計画が、着々と進んでおりました。
(^-^)

 

 

飲み会の日取りが決まり

 

私の本職の職場での休みが希望通りのスケジュールとなり

 

飲み会の店が決まり

 

宿泊先のホテルも決まり

 

段取りも決まり

 

飲み会まであと一週間・・・・!!

 

 

・・・なんて思っていた私のiPhoneにポップ通知の速報が入ったのは、この記事を書いた1日前の未明の事。

 

 

「長崎市で新型コロナ感染者を確認」

 

 

この速報を見て一番最初に・・・

 

 

「飲み会が中止になるかもしれない・・・」

 

 

・・・と思った。

 

 

私の本職の職場は、前にも書いたことがありますが、感染症には敏感な職場。

恐らくは今回の件で「感染者がいる地域には行かないように」と言う指示が復活するかもしれない。

そして、今回紹介してもらう方も私と同じ業界の方なので、勤め先の事業所から何らかの指示が出るかもしれない。

 

なので深夜ではあったが、ケンにあさイチで読んでもらうためにも、今のうちにLINEで連絡をしておいた。

内容は「新型コロナの感染者確認の件で、飲み会開催が厳しくなったかもしれない。」

 

 

 

翌日、ケンの対応は早かった。

 

長崎市内が厳しそうであれば、他の地域での飲み会の開催や店の選定等、いろいろと策を練ってくれていた。

 

 

しかし、先方の女性から・・・

 

もう少し新型コロナの状況を鑑みてから、飲み会の場を改めて設けてもらいたい。

 

・・・という話があったそうだ。

 

 

色々と「他の方法を」と考えていた私からすれば、同じ業界の人なのに、先方の女性はしっかりと状況を見て考えているなと感じた。

 

感染者が今は1名でも、その時には数が増えていて、例え他の地区でも飲み会どころではなくなってしまうかもしれない。

もしも、それが発覚したタイミングにが飲み会前日や当日になると、店や宿泊先のキャンセル料もかかる場合もある。

「そんな大げさに書かなくてもいいじゃない」と言われるかもしれないけれど、緊急事態宣言のような状況になる可能性はゼロどころか、我々が思っているより意外と高いと思う。

 

 

そう考えれば確かに、賢明な選択だ。

 

 

まあ、今回はしょうがない。

とりあえず、今後の感染者の状況がどうなるかはわからないけど、そんな中でも、何か活動は出来るだろうか?

 

 

ホントこのままでは活動が出来ない・・・・!

 

 

ちょっと色々と考えてみなければ・・・。

つづく。
つづきを読まれる方は⇨コチラ
スポンサーリンク
<

にほんブログ村

婚活ランキング