スポンサーリンク
こんにちは、ヘル兄Rです。
新作から十数年前のアイテムまで、私が所有しているコレクションの中からアイテムの種類も掲載スパンもランダムでやっていくこのコーナー、今回も参ります。
買い物の際や、リサイクルショプやフリマアプリ等で何かを見つけた時の参考にしていただければ幸いです。

 

 

今回紹介するアイテムは・・・

 

 

Gフレーム MSZ-006-3 Zガンダム3号機です。

 

Gフレームはここ最近人気が上がっているシリーズで、現在では入手困難なアイテムもあるようです。

 

今回のこのアイテムも、前回ご紹介したACEスーツと同じく時折このサイトにも登場するfk-ismさんが、送ってくれた荷物に入っておりました。

 

では、早速見ていきます。

 

 

まずは箱です。

表です。

このアイテムは2019年12月に発売されたものです。

 

裏面です。

こっちが表でもいい感じですね。

 

箱の横面です。

このZガンダム3号機が登場する作品「グリーンダイバーズ」に関する説明が書かれています。

ちなみにこのZガンダム3号機のパイロットの声は、ガンダムファンではなくても知っている人が多いと思われる「あの声。」

 

箱の上部です。

値下げ札に哀愁が漂う・・・ってかこのシール剥ぎにくいんですよ。w
本来ならば定価は1,650円
中身を見ていきます。

箱を開けると裏面が説明書になっています。

 

箱を広げるとこんな感じになります。

 

内容物はこんな感じです。

説明書にはフレームに腹部から取り付けるように記載されていますが、既にある程度組まれた状態でパッケージされています。

 

本格的に組む前に、部品を全部外してフレームだけの状態をご紹介しようと思いましたが・・・

 

アーマーパーツを外そうかと思ったら、意外と固くて取れなくて断念しました。w
(;’∀’)

 

 

・・・と言うわけで、組んでみました。

正面です。

Zガンダムは立体化の際にはスマートな造形になる傾向がありますが、このZガンダムは腕や脚がやや太めに造形されています。

アーマーパーツのピンクとイエローの部分は塗装されています。

Gフレーム言えば、独特のディテールが特徴ですが、このZガンダムはちょっと抑えられている感じかな?

 

後ろからです。

大腿部の裏側のフレームが露出していて、なんかドラグナーを連想させます。

 

上半身のアップです。

左肩の「」の文字はキレイに塗られていますが、額のフンドシ部分のピンク色の部分は正面部分のみの塗装で、横から見ると塗られてないのがちょっとだけ目立ちます。

 

背面のアップです。

背部のフライングアーマーとテールスタビライザーは未塗装です。

フライングアーマーは可動するけど、スタビライザーは動かない・・・惜しい!!

 

オプションパーツです。

シールド、ビームライフル、シールドラッチ、開き手×2

っとなっていますが・・・

ビームサーベルが付属してないのがまたも惜しい・・・!!

 

武器を持たせてみました。

シールドです。

特徴的な模様が塗装されています。

ビームライフルです。

単色成型でちょっと味気ないかもしれません。

 

 

では、ここからは当サイトお馴染みの、センスのカケラもないブンドドポージングショーです。

 

Zガンダム3号機、行きます!!

・・・って感じのポーズなんだけど、カタパルトデッキがないから、中腰の姿勢でしかない。w

 

このアイテムにはスタンドは付いてませんが、股関節にスタンド用の穴が開いていてい、私が持っていた掌動ウルトラマンのスタンドが使えたので、それも駆使してポージングしていきます。

 

飛び立つポーズ

こういうポーズもテールスタビライザーが動けばもっと映えるかも

 

Zガンダムは地上より、空中の方が似合いますね。

ビームライフルを構える。

可動も良好なので、いろんなポーズが出来ます。

 

しかし、スタンドが合ってないのか前傾姿勢等がちょっとやりにくい。

 

ラストシューティング的なポーズ。

 

立膝ポーズも出来ますがちょっと不安定。
(;’∀’)

 

今回は、ちょっとここから趣向を変えてスマホカメラアプリの「ワンダースクール」を使ってみます。

 

アムロのカットインを入れてみる。

 

なんとなく戦闘中なイメージ。

 

バルカン!(ってGガンみたいだなw)

やはりエフェクトがデカイ。w

 

グレネードランチャー!

ちょとこれは強引かもしれん・・・。

どう見てもミサイルだ。w

 

最後にビームライフル!!

ちょっと派手かもしれん・・・。w
(;・∀・)

 

 

・・・というわけで、Gフレーム MSZ-006-3 Zガンダム3号機 をご紹介しました。

 

おそらくはガンダムの食玩で、今一番売れていると思われるこのアイテム。

HGのプラモデルが買える程の値段ですが、フレームの可動も良好で、いろいろ動かしましたが、関節がヘタることもなく、しっかりとポーズの固定も出来ます。

現在はアイテム数も多く、コレクション性も高いと思います。

これは誉め言葉ですが「中途半端に部分塗装している事」で、購入したユーザーが「手を加えられる余地」が残されていて、塗装や改造等でカスタマイズする楽しさもあるように思います。

実際、このGフレームをユーザーがリペイントを行ったりして楽しんでいる方も結構いらっしゃるようです。

ライトユーザーもヘビーユーザーも楽しめる仕様になっていると思います。

 

しかし、このGフレーム。

このZガンダムはこの単品で遊べますが、本来ならこのGフレームは・・・

なぜかフレームパーツとアーマーパーツが別売りになってまして、二つを揃わないとまともに遊べないのです。

 

それで私の家にはfk-ismさんから・・・

ガンダム4号機のフレームパーツだけ届いているんですけど・・・
(;・∀・)

 

どうやらフレームパーツを重複して購入してしまったらしく、そのうちの1個が送られてきました。

このアイテムはフレームパーツと比べ、アーマーパーツが先に売れる傾向がある様子でして、ワゴンセールでフレームばかりが売られている事もよくあるそうです。

 

しかし・・・

 

 

アーマーパーツのみを探すのはなかなかの至難の業のようですぞ。w
(;・∀・)

 

 

しかしなんでこの売り方なのかな?マーケティング調査の結果なのかな?

 

ではでは。(‘ω’)ノ
スポンサーリンク
<

にほんブログ村

模型・プラモデルランキング